採用担当者も活かせる「ビジネスにおけるフレームワーク整理」とは?

  • 2018年1月22日
  • 2019年5月30日
  • その他

ビジネスを立ち上げる・加速させるにおいてフレームワークは重要です。
このタイミングで、少し必要なフレームワークを纏めたいと思います。

ビジネス推進における重要なこととは

☆当たり前の事をあたり前に行う。
☆問題設定/課題解決
☆戦略立案/未来想定

これ以外もありますが、まずはこの3つは重要です。
※この時の考える方法として、下記の順番で考えていくことが重要です。

①本質的な問題の発見

  • 正しい情報を集める
  • 共通項でまとめる
  • 要約する

②本仮説の立案・イシューの設定

  • 正しい情報や要約より、「課題の設定」を行う。
  • アイデアを出す
  • 仮説を作る

③実行

  • 実行プランを立てる
  • 仲間をつくる
  • 実行する/仮説を検証する。課題の設定が間違えていた場合は、再設定。

この①②③をどれだけスピードを上げて回転させていくかが生産性に直結します。

 

では、最初に「正しい情報を集める」という段階で

  • なにから手を付けたらいいかわからない。
  • 時間をかけすぎる
  • 途中から正しい情報か間違った情報かわからななくなっていく。

という状況に遭遇する場合があります。
また、時間をかけて集めた情報を共通項でまとめてどう要約するか生産性が問われる所です。

その時に必要なものがフレームワークです。

個人的に良く思考する順番で記載します。

 

3C(顧客・自社・競合)

顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)に分けて考えます。
この時に、顧客の顧客を考える癖は重要です。

この時に、自社の商品が顧客の課題の束になりえそうな時に更に細分化してとらえた方が良いです。

 

5フォーセス分析

競争環境を明らかにするために、使います。

「既存の競争環境」
「脅威新規参入社」
「脅威となる代替品・代替サービス」
「プロダクト供給者の値上げ圧力」
「購買者の値下げ要求」

この5つも事実を集め、共通事項でまとめる時に有効です。

 

SWOT分析

これは散らかるだけになる場合もあります。

自社内の「強み」「弱み」、
外的環境からの「機会」と「脅威」の4つに分けて事実をとらえるフレームです。

利用方法としては、今後自社がどんな課題に直面するかを理解しやすくなります。

 

フレームワークにはたくさんの種類が存在します。

物を売るためには、マーケティング要素としては
「STP」や「4P」

事業戦略立案/未来想定の際は
「PPM」や「アンゾフの成長マトリクス」。
「PEST分析」や、「ポーターの3つの競争戦略」。

等、用途によって、フレームワークを使い分ける必要があります。
その為に事実を集めるという行為をしてしまうと、
結論あり気の事実収集になりこれもまた仮説検証の段階で大きな間違いをしてしまいます。

あくまで、事実を集め、要約する時に使うところから、
始める事が良いフレームワークの使い方になると思っています。

 

 

ジョブプロジェクトはindeedの広告効果とオーガニック(自然流入)対策を実践している会社です。

※今後有力なクローリング型求人媒体が現れ次第、随時対応していきます。

成功事例として、
応募単価 25000円→10000円(エステサロン)
応募単価 15000円→ 5000円(IT系人材派遣)
応募単価 35000円→10000円(保育業界)
応募単価 25000円→ 5000円(事務職)
応募単価 15000円→ 5000円(飲食業)
応募単価 30000円→ 6000円(商業施設フロント)
月間応募者 0件→ 20件(運送業界)
などの実績がございます。

ジョブプロCMS(コンテンツマネジメントシステム)という求人ページの運用コンサルティングや、求人詳細ページの文言最適化によって、費用対効果を上げております。

 

採用単価を下げる3つの仕組みとは

1.訴求内容の最適化等、求人状況や予算に合わせて、専任の広告運用コンサルティング担当が広告効果の最大化の追求します。
2.indeed含む求人検索に完全対応。効果的な機能を随時開発、常に進化する自社CMSオーガニック流入を継続させます。
3.キーワード選定など担当者の手間をかけずに改善・最適化。求人ページ制作チーム貴社の工数を削減します。求人原稿ライティングもこちらでまきとります。

ご費用は、初期費用20万円、月次費用は4.5万円〜、成果報酬型(1万円〜)も承っております。

もしご興味ございましたら、現状の採用広告の応募単価や、採用の課題採用の規模などを添えてお問い合わせいただければ、担当営業より、一度だけ無料コンサルティング(1時間)をさせていただきます。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"をつくる。

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがございます。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援してまいります。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動。

CTR IMG