Indeed

  1. 年度末に考えるべき採用手法について〜求人市場・求職者の動きが最も活発な3月の動きが来年度を左右する!?〜

    暖かくなってきましたね。 弊社では花粉症に苦しむ姿が目立つようになってきましたが、 皆さんは大丈夫でしょうか。年度の切り替わりの3月。 求職者の動きが最も活発になり、 求人業界全体が慌ただしく動く時期でもあります。来年度全体へも影響をもたらしそうな重要なポイントとなる3月。

    続きを読む
  2. 【ジョブプロ無料セミナー】最新求人業界情報セミナー Google for jobs(Google しごと検索)を始めとする採用情報を徹底解明!

    【大反響につき、追加開催決定!!!】2019年 1/23 ついに日本国内でのGoogle for jobsがリリースされました!  求人業界の新たなクロフネとも言われるGoogle for jobs。 そもそもGoogle for jobsとは何者なのか。

    続きを読む
  3. 「Google for Jobs」がいよいよ日本上陸。どうやったら表示されるようになるの?

    「ジョブプロジェクト」で検索したら、「Google for Jobs」の求人欄が出てきました。 Indeedの一強体制の根幹をゆさぶる大事件です。今後、私たちはどのように対策すればいいのか、まとめてみました。

    続きを読む
  4. 求人最新トレンド!オウンドメディアリクルーティングの徹底攻略 〜概要から取り組み方まで〜

    世界No.1求人検索エンジンを運営するindeed日本法人が先日、 Owned Media Recruiting SUMMIT (オウンドメディアリクルーティングサミット)を行いました。

    続きを読む
  5. 【採用下手な企業の失敗理由を徹底解説】求人に成功している企業の共通点とは?

    人手不足が騒がれる昨今、人材獲得・採用のために、 頭を悩ませていらっしゃる担当者様も多いのではないでしょうか。 失敗している企業はどこに原因があり、どうすれば改善できるのか。 成功している企業の秘密は何か、といった部分について、 詳しく書いていきたいと思います。

    続きを読む
  6. 【現場作業員のindeed求人】人材獲得の成功失敗を分ける募集方法の差とは?

    検索ワードのサジェストへ「きつい」などネガティブな内容を含みやすい現場作業員。 現場で実際に活躍してくれる人財の獲得は、採用担当者の頭を悩ませる種の一つになっているのではないでしょうか。 現場作業を担う方々をうまく採用している企業はどんな取り組みをしているのか。

    続きを読む
  7. 【無料動画セミナー】indeed失敗事例から学ぶ効果的なindeed活用術|そのクリック単価は適正ですか?

    indeedを利用した採用担当者様が陥りやすいindeed失敗パターンが有るのをご存知でしょうか。 多くの採用担当者様とお話する中で見えてきた、失敗事例の共通パターンと、その対策について、お話しようと思います。 indeedはPDCAを繰り返し勝ちパターンを探すことが重要になります。

    続きを読む
  8. 【無料動画セミナー】本当にわかってる?正しいindeedの運用方法

    そもそもindeedとは?indeedは世界ナンバーワンの求人サイトで、世界60カ国以上でサービスを展開、毎月2億人以上のユニークビジターを記録しています。

    続きを読む
  9. 【採用担当必見】超人手不足時代を生き抜く中途・アルバイト・パート求人掲載のベストタイミングはいつか!?

    中途採用に携わる担当者の方であれば、いつ中途採用の求人募集をするのが最も効果がでるのか、といった課題に一度は思い当たることがあったのではないでしょうか。

    続きを読む
  10. indeed広告の応募単価はいったいいくら?業種別・職種別まるごとハウマッチ!!

    弊社の訪問先のヒアリングベース、当社運用の実績ベースで、職種別に平均値をとって、有効応募単価をまとめてみました。

    続きを読む
  11. 【Indeedの落とし穴・罠】単価設定・直営担当者などIndeed失敗事例まとめ

    今回は、採用の現場から教えていただいた失敗談をご紹介します。予算が同じなのに次月は応募数が半分に、3ヶ月後にはさらに前月の半分にindeedは新着求人を優先してトラフィックを流すという傾向があります。

    続きを読む
  12. 【応募者を増やす求人票の書き方のコツ】あなたの会社はどんな求職者のどんな悩みを解決していますか?

    ITの世界では常識なことも、人材の世界では非常識だったりするようです。 今回は、IT業界人の観点から、魅力のある求人票についてアプローチしていきます。

    続きを読む
  13. indeed(クロール検索型求人広告)におけるPDCAの具体的な実践方法とは?

    indeed広告にはindeed広告のPDCAの回し方が存在します。 これを知っているか知らないかで成果改善のサイクルスピードは劇的に変化するでしょう。 それでは、現場から超リアルな実践方法についてお届けします。

    続きを読む
  14. 【求人媒体依存からの脱却】低リスク低コストで導入する新たな採用手法〜リスクヘッジのためのindeed活用術〜

    空前の売り手市場が騒がれる昨今、深刻な人材不足により、 求人や採用にお悩みの企業も多いのではないでしょうか? また、今のところ採用についての課題を特に抱えていない企業であっても、 これからの人材不足の深刻化により、 十分な人材確保が難しくなる可能性もないとは言い切れません。

    続きを読む
  15. 【どこよりもわかりやすい】indeedの利用料金 徹底解説

    「仕事探しはindeed♪」でおなじみのindeed。 「無料で掲載できます!」という宣伝広告も、よく見かけるようになりつつありますよね? もちろん、indeedも企業ですので、どこかしらから利益の回収が必要です。

    続きを読む
  16. 自社求人ページがindeedに掲載されているか、条件を満たしているかを簡単にチェック

    indeedへ対応しているか、無料診断いたします求人サイトや媒体を利用した活動ではなく、自社求人ページを利用した採用活動をされている企業も増えていると思います。

    続きを読む
  17. indeedは本当に無料で求人を出せるのか?

    はじめに採用や求人を担当された方にとって、求人に関する費用対効果や効率は、 非常に大きな問題になるかと思います。 1000万人以上の利用者を擁するindeed。 CMで話題になり、利用を考える人事関係者も増え続けています。

    続きを読む
  18. indeed徹底解説!indeedとはそもそも何者なのか?求人掲載から使い方まで

    採用コストを抑えたい。応募者を増やしたい。現在の採用形式では、費用対効果に不満がある。など、様々な課題を抱える人事の方必見です。大手求人媒体の2倍以上、数にして1000万人を超える利用者を持つindeedを効果的に活用し、採用に関する課題を解決しましょう。

    続きを読む
  19. 【求職者目線】知らないと損!今風の仕事の探し方&面接で聞かれてないかのチェック項目

    indeedと国内最大手の転職サイトの求人件数の検索結果を比較すると...転職ユーザになりきって、indeedと国内最大手の転職サイトの求人件数の検索結果を比較してみました。

    続きを読む
  20. 【高スペック、高給取りの求人も!!】人材業界に着々と浸透するIndeedの脅威

    雇用統計。ニュースなどでよく耳にする言葉ですね。 実際に有効求人倍率などは、経済の状況を端的に表す指標として、 各所で採用されていたりしますよね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る