Google しごと検索 ついに始動したGoogle for jobs!その影響力は?!最新の国内表示状況と今後の予想!海外事例を紹介

2018年12月27日、米Googleから求人業界に衝撃を与える発表が行われました。
内容は2019年1月にも、日本で求人関連事業に参入するというもの。
昨年から話題に上がる「Google for jobs」が、いよいよリリースされるものとして注目が集まりました。

そして先日、2019年1月23日。
いよいよ国内でのGoogle for jobsが始動しました!

求人業界の新たなクロフネとも言われるGoogle for jobs。
その影響力はどれほどのものなのでしょうか?
すでにローンチされている海外の事例や、
Googleのすでに国内リリースされているサービスなどから、
日本国内への影響力について、
探っていきたいと思います。

Google for jobsについてより詳しく知りたい方は、
弊社主催のGoogle for jobs対応セミナーをご検討いただけますと幸いです。

【ジョブプロ無料セミナー】最新求人業界情報セミナー Google for jobs(Google しごと検索)を始めとする採用情報を徹底解明!

 

また、Google for jobsに関連する記事は他に下記もございます。

「Google for Jobs」がいよいよ日本上陸。どうやったら表示されるようになるの?

ついに実装!Google for jobs(Google しごと検索) 企業は何をすればいいの?

Google for jobsは求人業界を震撼させるほどの影響力を持つか

日本の求人業界の今と言えば、
超売り手市場、圧倒的人手不足時代など、
求職者優位の状況が続き、採用が必要な企業の苦戦が続く状況となっています。

労働人口は減少の一途をたどり、有効求人倍率は上昇を続ける。
大手求人関連企業は軒並み業績を伸ばしていましたが、
中でも大きな影響力をあげたのが「indeed」でしょう。

求人誌やチラシなどのリアルの広告からWEBの広告へと姿を変え、
もはや採用媒体は無数に溢れかえっていた状況に対して、
いわゆるまとめサイトとしての機能をもったindeedが一躍評価を得ました。

無数に存在する情報をまとめ上げる力。
動画を探せばyoutubeが筆頭に上がるように、
仕事を探せば必ずindeedが筆頭になるような状況へ、
最近の求人検索は変化してきました。

Google for jobsの強みはまさにここにあります。
indeedと同じく、
WEB上にいまや溢れかえってしまった求人情報をまとめ上げ、表示する。

indeedの成功を考えれば、
Google for jobsの成功も疑う余地はない。
Google for jobsの対応を急げば、
採用については心配ない。
そう考える担当者の方もいらっしゃいました。

本当にGoogle for jobsはそこまで劇的な影響をもたらすのでしょうか?

 

海外の事例

ZipRecruiter – Google の新しい求人情報検索機能を活用してコンバージョン率を 4.5 倍に増加

https://developers.google.com/search/case-studies/ziprecruiter-case-study

ZipRecruiterとは、企業の求人情報を一度の投稿で複数のSNSやジョブボードへの掲載・配信する仕組みをとるアメリカの求人サービスの一つ。
Google for jobsの影響を受け、下記のように大きく成果を伸ばしています。

  • Google 検索からのコンバージョン率は他の検索エンジンに比べて 3 倍
  • Google オーガニック検索のコンバージョン率が以前の 4.5 倍に増加
  • Google 検索から求人ページにアクセスしたユーザーの直帰率が 10% 低下
  • 非ブランド キーワードの月間オーガニック トラフィックが 35% 増加

Jobrapido – Google の求人情報検索機能によりオーガニック トラフィックを 2 倍以上に増加

https://developers.google.com/search/case-studies/jobrapido-case-study

Jobrapido は、求人情報検索エンジンのグローバル リーダーとなっている企業の 1 つで、毎月 2,000 万件以上の求人情報を提供し、登録ユーザー数は 8,000 万人を超えます。

  • オーガニック トラフィックが 115% 増加
  • Google の新しい求人情報検索機能のリリース以降、オーガニック トラフィックからの新規ユーザー登録数が 270% 増加
  • Google 検索から求人ページにアクセスしたユーザーの直帰率が 15% 低下

国内の表示状況

スタート初日時点で掲載が確認されている内容は主に下記となっております。

・大手媒体
・リクオプ、エンゲージ等のATS(採用管理システム)
・求人ボックス内で投稿した求人など

個別のサイト等は随時クローリングがかかっていくと想定されます。

弊社もすでに構造化対応は完了し、クローリング状況などを随時確認しております。

 

今後の予想

レビューが見られやすくなる

現在Google for jobsの表示場所は数パターン確認されているが、
いずれにしてもオーガニック表示より上位にきやすいという状況があります。
Googleのサービスが上位に来る場合、考えうる効果のひとつはこの、
社内レビューの注目度が上がることです。
求人情報と同時にレビューが表示されることから、求職者は今まで以上に会社評判などをよく見るようになるでしょう。

実際、求人情報を見た求職者の8割以上が自社サイト、自社求人サイトを閲覧し、
また会社評判サイトという点ではリクルートがここに目をつけて「グラスドア」を買収しています。
採用をおこなう企業はこれにより、
これまで以上に社内環境の構築を急がなければならなくなるといえるかもしれません。

リスティング広告の価値があがる

Google for jobsの表示場所は現時点で必ず広告枠の下になります。
これまでは広告枠の直下にオーガニック枠が存在し、
そのオーガニック枠の上位を独占することでおおきな成果を得てきたのがindeedです。

しかし、今後このオーガニック枠と広告枠は、
登場したGoogle for jobsが隔てることになります。
昨年から話題にはなっていますが、
リスティング広告の価値が上がり、その費用も高騰が予想されております。

すぐに効果は上がらない?

2019年、スタートしてすぐGoogle for jobsが適切な表示と浸透を達成するかと言われると、
必ずしもそうではない未来も予想されます。
すでに海外ではスタートしていたこのサービスの日本への上陸が遅れた背景が、
日本の求人状況の独自性にあるためです。
この問題に対応するだけの時間が必要になることは予想されるでしょう。

無料という枠の弊害

大きな成果をあげたindeedは、
これまでの求人情報の掲載の当たり前を破壊する完全無料での掲載を可能としました。
しかし、無料検索のみに頼るということは、
自社でのSEO対策をどれだけできるかという運用能力が非常に重要になります。
実際には、indeedは広告枠を設けることで、この問題をクリアしていました。
ある程度お金の力で流入を稼げる要素と、
成功費用も発生しない完全な無料での掲載要素を織り交ぜることでバランスを取ってきたともいえます。

現時点で無料枠しかないGoogle for jobs。
無数の求人情報の中で上位表示を得るためには大きな運用工数をかけることになると思われます。
この対応を諦める場合、従来の求人広告のように費用での勝負をする枠がなくなり、
また結果的には求人媒体への掲載内容がGoogle for jobsへの掲載となるため、
これまでと同じ、もしくはこれまで以上にGoogle for jobs以外の部分への投資が必要になる可能性は大いにあります。
その一例が、すでに始まっている広告枠の高騰化といえるでしょう。

費用をかけなければ人が採れない時代から、費用をかけても人が採れない時代へ

紙広告などの時代からネット広告の時代へ変化した後、
閲覧単価と無料掲載のindeedの台頭、さらには完全無料のGoogle for jobsの始動。

求人に費用がかかるようになってしまい、
多くの企業の頭を悩ませていた問題が、一見すると無料化の流れで解消できるのではないかと見えます。

しかし、実際にこの変化の流れが示すことは、
お金をかけても人が採れなくなる時代の到来かもしれません。

これまではある程度、費用面で表示順位などを変化させることで、
求職者の目に留まるように調整を行うことが可能でした。
完全無料で利用が可能なindeedでも、これらの対応は可能でした。

しかし、Google for jobsがもし今後台頭してくる場合、
求人媒体でのプランは意味をなさなくなります。
リスティングなどを利用するとなればこれまで以上の費用がかかることになり、
金額で調整ができないとなれば、自社ブランドを強化するという地道な手段しか残されなくなります。

求人業界の大きな変化にどのように対応するのが正解か

自社ブランドの強化。
求職者にとって就職先がありふれた現在、自社のことを知ってもらおうという努力はもはや必須の時代が到来するのも間近かもしれません。
自社サイト、自社求人サイト、SNSをはじめとしたオウンドメディアをいかにうまく利用していくかという部分が求められます。

また、社内の人間も大きなオウンドメディアになります。
社員が身近な人へいい話をしてくれるだけで、その効果は企業の規模に比例して大きくなります。
自社の環境をいかに整え、リファラル採用などを生かしていくことも検討に上がるかもしれません。

ここまでの変化の中で重要だったことは、
いかにこれらのサービスをスタート時点から有効に利用するかという点。
indeedの先物の旨味を利用して採用費用を1/10、応募者10倍などといった華々しい成果をあげた企業もあります。

では、具体的にどのように対応していけばよいのか。
この記事を読んで自ら知識を吸収している担当者の方々であれば、
実際には大きな問題はないと想定されます。
なぜなら、殆どの場合はすでに利用しているサービスが自動的にGoogle for jobsへの対応を進めてきたからです。

スタート時点で Google for jobsへの対応が確認できたのは
大手求人媒体やATS。
これらの利用がない場合、
実際の工数と今後の管理の兼ね合いで、
どのように対応していくかを検討する必要があります。

自社で技術や工数の確保が難しい場合、
弊社のような対応求人サイト構築企業の利用も、検討いただければ幸いです。
Google for jobsへの対応という点ではまだ未知の部分が多く、
採用コンサルティングのような形で貴社と併走させていただくイメージで動かせていただいております。

 

 

「うちでやったらどうなるの」
「こんな事例はないの」
「これだけしか予算が、、、」

【応募者を増やす求人票の書き方のコツ】あなたの会社はどんな求職者のどんな悩みを解決していますか?

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG