【無料動画セミナー】indeedの知られざる応募率(コンバージョン率)の高め方

indeed運用で成功している企業の共通点とは?

indeed採用で成功している企業を見ていくと、「流入の改善」と「行動の改善」の2つが兼ね備わっていることが共通点としてあげられます。

「流入の改善」には「indeedアナリティクス」を活用し、indeed内での表示回数から考え、流入の偏りの是正、意図した求職者がきているか、などを見ていきます。

それに対して、「行動の改善」では「Googleアナリティクス」を活用し、ゴールの応募率から考え、フォーム遷移率を高め、求職者の適切な行動を実現していきます。

講義では、実際の成功事例をもとに、どんなことを指標として何を具体的に改善し、表示回数の安定化を図っていったか、応募の偏りを是正していったか、応募率をあげていったかなどを、解説しております。

分析PDCA「運用」の重要性

一般的な求人媒体の運用と、indeedの運用の仕方は違ったものになります。

一般的な求人媒体では「流入」に関しては媒体の知名度や広告予算のかけ具合に左右され、「行動」についてはサイトがテンプレ化されているために構造を変えることはできませんし、原稿に関しては内容を変えることはできません。

一方でindeedでは、「流入」に関しては運用力によっては、同じ広告予算でも全く異なる流入数になりますし、
「行動」に関しては、クロール先のランディングページは、制限なしにページの構造を変えることができますので、どんな施策でも可能です。

つまり、一般的な求人媒体は出した瞬間にやれる施策は終わりですが、indeedは掲載してからが本番となり、戦略と運用力で結果が大きくかわってくるのです。

indeedを求人媒体として捉えるのではなく、リスティング広告として捉え、「運用」を第一に考えた布陣で臨むべきということになります。

グーグルアナリティクスとindeedアナリティクスでできることとできないこと

indeedアナリティクスでできることは、求人ページに流入するまでのデータと、応募情報を閲覧することが可能です。
例えば、表示回数、クリック数、応募数、使用費用などです。
なお、オーガニック表示/クリックは費用をかけている求人のみで閲覧可能となります。

そして、Googleアナリティクスでは、ページの流入後のデータを見ていきます。たとえば、ユーザー情報、流入元、ページ情報、遷移行動、滞在時間、深度、応募数などです。(なお、一部のデータは、計測する仕組みをカスタマイズする必要があります。)

データ分析の環境構築の方法

講義では、iA管理画面、Googleスプレッドシート、Googleタグマネージャー、Googleデータスタジオ、ヒートマップツール(UserHeat)、サーチコンソールなど、データ分析をするための環境構築の手順について解説しております。

 

仮説の立て方(PDCAの具体的な回し方)

ジョプブロジェクトでは、運用チートシートを作って、属人化を防ぐ運用をしております。
チートシートから課題と対策を掴み、個別の課題を深掘りしていきます。

改善施策は1つずつ行っていき、最低でも5日は計測してから進めていきます。

流入の改善では、入り口の表示回数の改善から進めていき、
行動の改善では、ゴール(CV)からの逆算で改善を進めていくのがポイントとなります。

講義ではその具体的な項目や改善施策について、解説しております。

 

講師プロフィール

ジョブプロジェクト上級アナリスト
大学4回生のときに、結婚式モニター募集に当選したという理由で結婚。
大学卒業後、インターネット広告代理店に就職。
ベンチャーゆえの圧倒的な業務量により家に仕事を持ち帰る日々。
ふと時給を計算すると455円。ある程度経験を積むことができたため、
次なる成長のため、怒涛の半年引き継ぎを経て、転職。その後何度か転職し現在に至る。
専門分野は、WEBマーケティング、ネット広告戦略立案&運用( Indeed / Yahoo! / Google / DSP )、WEB解析 / レポート作成( 3度の飯よりアナリティクスが好き)、Googleサービスを活用したルーチンワークのあらゆる自動化。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG