ブログ

【現場作業員のindeed求人】人材獲得の成功失敗を分ける募集方法の差とは?


最終更新:2018/11/06

検索ワードのサジェストへ「きつい」などネガティブな内容を含みやすい現場作業員。


現場で実際に活躍してくれる人財の獲得は、採用担当者の頭を悩ませる種の一つになっているのではないでしょうか。
現場作業を担う方々をうまく採用している企業はどんな取り組みをしているのか。


採用の現場から、成功の鍵を共有いたします。

 

難航する採用活動

ここでいう現場作業員とは、
いわゆるブルーカラーと呼ばれる肉体労働者系の人材になります。
全てではありませんが、下記職種などが該当します。

・土木作業員
・建築作業員
・交通誘導員
・鉄鋼製造スタッフ
・機械製造スタッフ
・ドライバー
・警備スタッフ
・整備工
・修理工
・運送スタッフ
・ビルメンテナンススタッフ
・清掃スタッフ

採用担当者様とのお話でよく聞くのが

「この業界は紙媒体での求人じゃないと見てもらえないから……」

というもの。

では、紙媒体の求人で十分な採用ができているかといえば、そういうことでもありません。
先入観で、目新しいWEB媒体等は見ていないという意見が多いです。
中にはしっかりWEB媒体を試した企業様もありましたが、

「実際に他の媒体を試してみたが、応募が集まらなかった」

というパターンも。

WEB媒体は実施にかかる費用が大きいことから、
そもそも実施していないという企業様と、
実施しても1度失敗するともう手を出さなくなる、という企業様が多くいらっしゃる様子でした。

 

成功の鍵は

ずばり、成功している企業様が実施している共通項目は、
応募のハードルを下げること。

応募のハードルとは条件面の話ではありません。
求職者の実作業としてのハードルを下げるということです。

簡単に言うと、求職者に応募してもらうための応募フォームを、
なるべく簡略化するということになります。

これまでのWEB媒体の多くは、履歴書レベルの情報を要求してきていました。
この情報をしっかり揃えて送るのは、作業の負担という意味でなかなか難しくなってきているというのが現状です。
なぜかというと、今の求職者の8〜9割はスマートフォン、携帯を利用して仕事を探します。
スマートフォンの画面から、今出されている自社の求人に対して応募を行おうとしてみてください。
少しでも「めんどくさいな」と感じた企業様は、ここに改善の余地があります。

現場作業員の方々は日々忙しく肉体労働を行ってくれていますが、
その傍ら、休憩も必然的に必要な職種です。
これまではその休憩時間、求人誌を眺めながら過ごす方もいたかもしれません。
ですが今は、ほとんどの方がスマホ、携帯を片手に過ごしているのではないでしょうか。

スマートフォンからの流入を前提とした応募フォームの作り込みを行わなければ、
もう現場作業員の求職者は獲得できないと行っても過言ではありません。

 

スマートフォンに特化した求人の出し方とは?

応募フォームが簡易なものになっている求人サイトは、
ほとんどがアルバイト・パートの募集を前提としたものになっています。

正社員を募集するなら、履歴書レベルの書き込みが必要なものが多く、
これでは高い広告費用を払っても、効果は見込めません。

実際にドライバーの募集で、媒体で出しても応募が1件も来なくなったという担当者様もいらっしゃいました。

では、最適な求人方法はなにか。
答えはズバリ、自社で最適な応募フォームを用意すること。
ですが、自社サイトからの応募なんてほとんどこないですよね?
そこで、それらの情報を一括で求職者へ届ける、indeedを始めとした
求人検索エンジンが重要になります。

 

求人検索エンジンindeed

CM効果で知名度が高くなったindeed。
indeedの何が優れているかというと、その利用者の数。
最大手のリクナビの利用者の2倍以上が利用する秘密は、
Googleなどの検索結果で、求人をキーワードとした場合に上位を独占できるSEO能力の高さです。

実際に「現場作業員 求人」等のワードで検索してみてください。
広告枠を除いて、上位はほぼindeedが占める状況です。

求職者はGoogleやYahooで仕事について検索すると、
自然とindeedへ流入するという仕組みです。
この中に情報が掲載できていれば、
応募者の獲得ハードルはぐっとさがります。

indeedへの掲載方法は2つ。
一つは、indeedの仕組みにあわせた求人サイトを用意して、
サイトを掲載する方法。
indeedは1職種1勤務地ごと、ページを用意する必要があるなど、いくつか条件があります。

もう一つは、indeed内にテキストのみの求人情報を掲載する方法。

どちらの場合も、効果を出すためには出してからの分析・改善が重要になります。


ご利用の際は無料でご相談をお受けし、求人投稿の代行等までサポートいたしますので、お気軽にお申し付けください。

 

問い合わせ

indeed応募単価の実数値を知りたい方はメールマガジン登録を!

採用の現場から「ジョププロ通信」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
The following two tabs change content below.

関連記事

メールマガジン

採用の現場から「ジョププロ通信」
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

LINEで相談

友だち追加

求人に関する相談ができる窓口としてご活用ください。

最近の記事

ページ上部へ戻る