欲しい人材を採用する方法とは?優秀で即戦力になる人材の見つけ方

「優秀な人材を確保したいけどなかなか見つからない」
「欲しい人材を採用する方法の検討がつかない」
人材採用をする際に、こういった悩みはつきものです。確かに欲しい人材を集めるのには、計画的に進める必要があります。

人材募集をしても、欲しい人材でなく、ほかの人ばかり集まってしまうということも珍しくありません。

いつまでもそのような状態で人材募集をしていては、コストもかかり長く続かないのは目に見えていますね。

そこで今回は、欲しい人材を採用する方法や優秀な人材の見つけ方について解説していきます。

この記事を読めば、欲しい人材を採用するポイントが分かるようになるでしょう。

そもそも人材採用をする意味はどこにある?

そもそも人材採用をするにはどのような意味があるのかを見ていくと、目的も明確になります。

人材を採用する意味を見失うことなく、活動することで軸をブラすことなく採用することができるでしょう。

企業は人材確保をして成長につなげる

人材採用は企業の成長に欠かせません。優秀な人材がそろっていれば、事業も伸びやすくなり、できることも多くなるのは当然です。

そのためにも、できるだけ優秀な人材を確保したいと思っている企業は多くあります。

これから始める事業、伸ばしたい事業に合った人材を採用することで、伸び率も変わってきますね。

今足りない部分を補填することができる

事業をしていくにあたって、ここの人材が足りていないと感じる場面があります。

その際に、適切な人材を確保することができれば、スムーズに進むことができるはずです。

即戦力となる人材を確保して、今ある問題を解決する際にも人材採用は大きな役割を果たしてくれます。

離職者の穴を埋めてくれる

どんな企業でも、急に離職してしまう人は一定数います。その際に、代わりになるような人がいなければ、穴が空いている状態に。

その穴を埋めるために、人材採用をしようと試みることも少なくありません。

離職者がいても、スムーズに人材確保をすることができれば、軌道修正も簡単になります。

欲しい人材の条件は明確になっている?

人材採用をする際に大切なことは、欲しい人材の条件が明確になっているかどうかです。

たとえば、エンジニアの募集をしても、募集を見た方は基本的なことができればいいのか、Rubyを使える人を募集しているのか具体的な内容が掴めません。

また、雇用形態も気にしている人が多く、そのあたりも明確にしておきたい点ですね。

人材採用は社員か別の雇用形態か

人材採用をする際に欠かせないのが、どのような雇用形態で募集するかです。

正社員として採用するのか、アルバイトとして採用するのかによって、求職者の印象は大きく変わります。

求めるスキルにもよりますが、正社員の方が総合的に求める人材が集まりやすい傾向にあるのが現状です。

市場価値が高ければ高いほど、求められる条件も高くなるため、逆算して考えることが必要だと言えるでしょう。

採用するのは新卒か中途か

採用するのが新卒か中途かによっても、応募数は変わってきます。

新卒採用であれば、中途の求職者は除外されることになり、一気に応募数を絞ることになるのです。逆もまた然り。

即戦力になる人材採用をするのであれば、中途採用の方が効果的ですが、長期的な成長を考えると新卒採用もしなければなりません。

欲しい人材のターゲットがどこかを考えつつ、設定していくようにしましょう。

雇用形態別に採用する意味を考えてみる

雇用形態についてもう少し深掘りしていきます。

雇用形態によって採用する意味も異なり、応募してくれる人のスキルも変わるものです。それぞれ解説していきますね。

正社員:コストはかかるもののビジョンを共有することができる

正社員は、基本的にフルコミットしてくれる存在であり、長い間働いていくことになる雇用形態です。

そのため、会社のビジョンを共有することができ、苦楽を共にすることができます。

福利厚生など、ほかの雇用形態に比べるとコストはかかりますが、その分成果も生んでくれやすく会社のことを一番に考えてくれるという点では大切な存在です。

強く欲しいと思う人材であれば、正社員として確保しておきたいですね。

契約社員:一定の期間が経つ頃に契約の見直しができる

契約社員は、一定期間で契約の見直しができるという雇用形態です。人材としては悪くないけど、正社員にするかどうかは考えたいという場合に多く採用されます。

人材の力量を実際に見てみたいという際にも有効で、正社員採用の際のミスマッチを防ぐためにも役立つでしょう。

成果が出れば、正社員として採用することができ、必要に応じて契約期間を伸ばすこともできます。

派遣社員:欲しいときに適する人材が得られる

一般的に派遣社員はエージェントを介して採用することが多い雇用形態です。

正社員や契約社員に比べると特出したスキルがあるというわけではなく、スポットとして採用することができます。

時間給であることが多く、コスト面でも負担がかかりにくいという点ではありがたいですね。

代替が効くため、採用する際の手間が少ないのもポイントです。

アルバイト・パート:自由度が高くシフトなどの調整がしやすい

アルバイトやパートはシフトに応じて採用する雇用形態です。

ハードルが比較的低く、学生などが求職者として多いことが特徴。

店舗型の事業で採用されることが多く、コストも低く抑えることができます。しかし、離職者も多く、こまめに採用活動をしなければならないといったデメリットもあるでしょう。

欲しい人材を採用する方法は?集まりやすいのはどの方法

欲しい人材を採用するには、求人を出す媒体を考える必要があります。

正社員をメインに募集している媒体もあれば、アルバイトに特化した媒体もあり、特徴に合わせて選択する必要があるでしょう。

媒体によってかかるコストも変わるため、しっかりと比較、検討すべき部分でもあります。

求人サイトへの掲載:お手軽で導入しやすい

求人サイトへの掲載は一定数のユーザーが確保されているため、応募もある程度見込むことができます。テンプレートなどが準備されていることも多く、手間なく採用できるという点がメリットです。

しかし、掲載するだけでも料金が発生することが多く、コスト面ではる程度資金がないと難しいというデメリットもあります。

条件を提示しておくことで、理想の人材が集まりやすいのも求人サイトを使うポイントです。

派遣会社への依頼:条件に合う人を選んでくれる

派遣会社への依頼は、時間をかけずに採用ができるという点が大きなメリットだと言えるでしょう。

派遣会社によって派遣される人もある程度は選定されているため、見当違いの人を採用してしまうというリスクが少ないです。

一方で、採用した人に払う給与のほかに、派遣会社へ払う手数料も発生します。その点を考えると、自社で採用してしまった方がコスパが高いということもあるでしょう。

自社採用サイトの運用:自由に採用できてコストがかからない

自社採用サイトの運用は、コストがほとんどかからないというのがメリット。

自由度が高く、理想的な人材を集めるのには最適な方法だと言えるでしょう。ただ、流入数が低くなる傾向にあるため、1ヵ月間誰からも応募が来ないということもあります。

いかに多くの人に見てもらえるかが課題で、そのためのマーケティング方法も大切です。

即効性はありませんが、一度軌道に乗ってしまえば、コストをかけず理想的な人材を集めることができます。

優秀で即戦力になる人を採用する際に気を付けるべきこと

優秀で即戦力になる人を採用する際には気を付けるべきポイントがあります。

特に注意して頂きたいのが以下の3つです。

  1. 会社のビジョンを伝え共感してくれる人を採用する
  2. 配属先や働き方のミスマッチを少なくする
  3. 採用初期はヒアリングを行い定期的にコミュニケーションをとる

どんなに優秀で理想的な人材でも、働き方違いにギャップがあったり、ほかの人とのコミュニケーションが上手くいかないことがあったりします。

その際には直属の上司と相性が合わないのか、仕事内容がイメージと違っていたのかなど、問題を洗い出すことが必要です。せっかく採用しても、離職されてしまっては意味がありません。

そのためにもアフターケアは怠らないようにしましょう。また、ミスマッチを防ぐためにも、採用する上で会社のビジョンに共感してくれる人を見つけるよう心がけましょう。

欲しい人材を採用するならジョブプロCMSの導入がおすすめ

欲しい人材を採用するのであれば、その道のプロに任せることがおすすめです。

ジョブプロCMSを使えば、Indeedや求人ボックスといった求人検索エンジンの検索結果で上位に表示することができ、より多くの人に募集を見てもらうことができます。独自の方法で対策をするため、競合との差別化にも有効です。

また、条件を明確にすることで、応募者のミスマッチを防ぐことができ、採用にかかるあらゆるコストを抑えることもできます。

会社の魅力をしっかりと伝え、ビジョンに共感してくれる理想の人材を確保したいのであれば、ぜひ一度ご相談してみてくださいね。

今すぐ無料で相談する

まとめ:欲しい人材を採用することができる環境を整えよう

人材確保はどの企業も抱えている悩みです。業界の性質上、コストもかかるため、頭を悩ませる問題のひとつとなっています。

逆を言えば、採用の問題が解決するだけで、会社の負担を大きく減らすことができるのです。

最後に今回の記事をまとめておきましょう。

  • 欲しい人材を採用するには目的を明確にしておく
  • 募集には条件をできるだけ明確に掲載する
  • 雇用形態を考え、ターゲットが合っているかを見直す
  • 載せる求人媒体は比較し検討する
  • プロに任せると効率よく募集ができる

人材は会社にとって貴重な財産でもあります。事業の成長はもちろん、共にビジョンを共有することで、モチベーションアップにも繋がります。

欲しい人材を確保できるように、条件を見直しつつ、計画的に採用活動をしていきましょう。

Return Top