採用はIndeed(インディード)ですべき?仕組みや特徴・効果

人事・採用担当の方であれば誰もが知っているIndeed(インディード)。

人材採用の際にはもはや欠かせない存在となっていますね。確かに、CMや広告などで見る機会も多く、実際に人材募集をする際には検索結果にも必ず出てきます。

しかし、名前は知っているものの、実際にどのようなサービスなのかはよく分かっていないという方も多いです。

今回は、そんな方のためにIndeedの仕組みや特徴などを解説していきます。

この記事を読めば、採用はなぜIndeedで行われるのか、使うメリットや効果などが分かるようになります。

目次

Indeed(インディード)とはどんなサービス?基本情報を解説

Indeedは2004年にアメリカで生まれ求人検索エンジンです。日本発の企業だと思っていた方もいるのではないでしょうか。

アメリカ発ということで、日本だけでなく世界中に求人検索エンジンとして認知されています。世界で見るとユーザー数はおよそ2億5,000万人。

日本では2009年から運営が開始され、2012年にリクルートが株式を買収しました。実際に使用したことのある方も多いサービスと言えるでしょう。

仕組み:求人サイトそのものではなく求人の検索エンジン

Indeedは求人サイトではなく、求人情報に特化した検索エンジンです。分かりやすく言えば、Googleの求人特化バージョン。

検索窓は2つあり「キーワード」と「勤務地」から求人情報を検索することができます。検索をすると求人情報がズラーっと出てくるというわけですね。

Indeedは検索エンジンのため、Googleのように広告で収益をあげています。掲載者は必要に応じて求人を多くの人に見てもらえるように広告を出すのです。

広告を回すほど、多くの人が求人を見るようになるため、応募数も多くなる仕組みになっています。

特徴:国内の求人情報をほぼ独占しており圧倒的な支持を得ている

Indeedの特徴は日本国内の求人情報をほぼ独占しているということ。日本での数字は発表されていませんが、世界では月間2億5,000万以上の訪問者数を誇っています。※参照

かなり多くのユーザーがいることが分かりますね。ちなみに、流入するキーワードで多いのは「インディード」だそうです。※参照

検索数を考えても「求人を探そう」となった場合、まずIndeedを使おうと考える人が多いと言えます。

Indeedはそれだけ採用に強い検索エンジンだと認知されているのです。このような背景からも採用を考える際には、Indeedを使わない手はないと言えるでしょう。

効果:ユーザー数が多く一定の応募数に期待できる

多くの訪問数がいるということは、それだけ応募する母数も多いということです。

そのため、Indeedでいかに多くの人に見てもらえるかが、応募数に直結すると言えます。

同じ条件であれば、基本的にはユーザーニーズに近いものが表示されやすくなりますが、上位表示をさせるテクニックなどもあります。

Indeedのアルゴリズムを把握して、対策をしていけばより多くの人に求人情報を見てもらえるというわけですね。

ほかにも、広告費をかけることで、見つけやすい場所に表示させることもできます。Indeedの求人効果は、これらを総合することによって変化していくのが一般的です。

料金:無料・有料プランがありクリック数で変動

Indeedの料金形態は以下の2つあります。

  1. スポンサー求人枠=有料
  2. オーガニック求人枠=無料

基本的には無料で利用することもできますが、多くの応募を集めたい場合には有料で広告を出す企業が多いです。

スポンサー求人枠の利用をすると目立つ場所に求人が掲載されるため、多くの人の目に触れることになり、応募数も増えるのです。

ちなみに、Indeedでは「クリック課金型」を採用しており、求人情報が1クリックされるたびに課金額が決まります。

いくら費用をかけるかは自由に決めることができますが、競合が多いと1クリックあたりの単価も高くなるということは覚えておきましょう。

Indeed(インディード)での採用と他の求人媒体の違いを比較

Indeedはほかの求人媒体とどのような違いがあるのでしょうか。なんとなくは分かっているつもりでも、具体的には分からないという方はぜひ参考にしてくださいね。

今回は以下の4つを比べていきます。

  1. Indeed
  2. 求人サイト
  3. 人材紹介
  4. ハローワーク
Indeed 求人サイト 人材紹介 ハローワーク
料金 0円~ 20万円~ 年収の30%程度 0円
料金の発生条件 求人情報のクリック時 掲載登録時 採用決定時 なし
訪問者数(月) 3,000万超 ~1,000万 登録者による 500~600万
掲載期間 無期限 4週間~ 無期限 ~3ヶ月

Indeed、ハローワーク、人材紹介は無料で掲載できますが、人材紹介の場合は採用決定時に年収の30%程度の手数料を支払う必要があります。

求人サイトは掲載料金+採用人数の手数料など、サイトにより異なるため事前に確認しておきましょう。

訪問者数はIndeedがほかを圧倒的しています。リーチできる人数はどの媒体と比べても劣ることはありません。さらに掲載期間も無期限なため、必要なときに広告運用をすれば、あとは料金が発生することなく置いておくことができます。

比較してみると、使い勝手がかなり良いことが分かりますね。

Indeed(インディード)で人材採用をするメリット5つ

Indeedとほかの求人媒体の違いをご説明しましたが、Indeedを使うメリットをもう少し掘り下げてみましょう。

Indeedで人材採用するメリットは多くありますが、今回は5つに絞ってご紹介していきます。

  1. 圧倒的な集客力でユーザーの母数が多い
  2. コストの設定が自社でできる
  3. 無料で利用することもできる
  4. 自社の魅力を自由に発信できる
  5. オリジナル採用ページを作成して差別化ができる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.圧倒的な集客力でユーザーの母数が多い

Indeedを使う最大のメリットはユーザーの母数が多いことにあります。

ユーザーが多いということは、その分興味を持ってくれる可能性のある人が増えるということです。

たとえば、応募率が10%だったとして10人が求人を見たとすれば、応募してくれるのは1人。しかし、1,000人が見れば100人応募してくれることになります。

ユーザーの母数が多いということは、求人を出すにあたってそれだけ重要になるというわけですね。

2.コストの設定が自社でできる

Indeedは費用をかけなくても掲載することはできます。検索エンジンに出るだけでも多少の効果があるでしょう。

様子を見ながら広告費用を考えたいという場合は、かけるコストを自社で設定することができます。

月または日でも設定できるため、いくらかければどのくらいの効果が見込めるかを考えながら予算編成ができるのはありがたいです。

求人サイトに掲載するとなると、応募がある、ないに関わらず定額の費用がかかります。そのリスクを取ることなく、無理のない範囲で求人ができるのはIndeedを使うメリットだと言えますね。

3.無料で利用することもできる

先述しているように、Indeedは無料で利用することができます。

つまり、0円で採用することもできるということです。掲載するのに料金がかかることはなく、さらに掲載期限も無期限となっています。

掲載されている求人は100万以上あるため、ユーザーに見つけてもらうにはそれなりの工夫が必要ですが、費用がかからないというのは嬉しいですね。

ほかの求人媒体を使いながら、Indeedに掲載することも可能なため、一応使っておくというのもひとつの手です。

必要になれば、いつでも課金をすることができるのもメリットだと言えるでしょう。

4.自社の魅力を自由に発信できる

Indeedに載せる情報は自社でいつでも編集することができます。

そして掲載方法も基本的には自由です。求人している最中に、もっとこういった情報を入れたいとなった場合でもすぐに対応することができるため、柔軟に求人をすることができます。

ほかの求人媒体だと、1回入稿したら変更には手数料がかかったり、反映までに時間がかかったりするもの。タイムラグがなく、自由に編集することができるのは使い勝手が良いです。

運用を見直しながら、改善もできるため効果的に採用活動をすることができますね。

5.オリジナル採用ページを作成して差別化ができる

求人をする際には採用ページが欠かせません。自社で持っていれば、Indeedにそのページを載せればいいですが、中には採用ページを持っていないという企業もあるでしょう。

そんな企業のために、Indeedではオリジナル採用ページの作成ができるようになっています。

無料で作ることができ、時間をかけることなく構築できるため1度使ってみるのもありですね。

オリジナルページがあるだけで、競合との差別化ができるようになり、応募につながりやすくなります。

Indeed(インディード)で人材採用をするデメリット3つ

Indeedを使うにはメリットが多くありますが、もちろんメリットだけではありません。

利用する際にはデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

今回は以下3つのデメリットをご紹介していきます。

  1. 自分たちで求人を作成する必要がある
  2. 運用のノウハウがないと露出がしにくい
  3. 競合が多いとどうしても費用がかさむ

1.自分たちで求人を作成する必要がある

Indeedは無料で掲載できる一方で、求人コンテンツを自分たちで作る必要があります。

求人サイトなどであれば、要件を伝えればそれに沿って作成してくれるところもありますが、Indeedにはそういったサービスがありません。

かなりの労力を使うため、自社で作成するのが難しい場合は外注することを検討してもいいでしょう。

負担が少なくなるように調整することが大切です。

2.運用のノウハウがないと露出がしにくい

Indeedには常時100万件以上の求人が出ています。

ユーザー数は多いものの、自社の求人を見てもらうのは至難の技です。さらに広告を運用している企業もあるため、せっかく掲載しているのにまったく見られないということも考えられます。

露出を多くするには、アルゴリズムを理解してアクセスを集める戦略が必要です。広告を使うにしても少ない費用で多くの人に見てもらうためのノウハウがなければ、思うような効果は出ないと言えます。

3.競合が多いとどうしても費用がかさむ

Indeedは1クリックに対していくら支払うという料金形態です。

1クリックあたりの料金は、一律ではなく競合が多ければ多いほど高くなる傾向にあります。

安いと1クリック15円ほどで済みますが、競合が多く高くなると400円以上になることもあるのです。

1,000クリック集めるのであれば、クリック単価に1,000をかけるため、38万円以上の差が出る計算ですね。

競合が多い求人になると、費用がかさんでしまうのはデメリットだと言えます。

Indeed(インディード)の掲載方法は主に2つ

Indeedの掲載方法は主に2つあります。

  1. Indeed(インディード)への直接投稿
  2. 自社求人サイトの掲載(クローリング)

これらを上手く使い分けて掲載すると、コスパ良く採用活動をすることができます。

1.Indeed(インディード)への直接投稿

直接投稿はIndeedのアカウントを開設して、Indeedにそのまま求人情報を記載していく方法です。

採用ページがない企業やとにかく早く投稿したいという場合におすすめになります。

基本的には無料で、誰でも簡単にできるためハードルは低いと言えるでしょう。

しかし、テンプレートでの掲載になり目立ちにくい求人となってしまいます。

2.自社求人サイトの掲載(クローリング)

クローリングはIndeedのクローラーが採用ページをクロールすることで掲載される方法です。

直接投稿とは異なり、オリジナル性の高い採用ページに誘導することができ、競合との差別化を図ることができます。

会社の魅力や推したい情報を見せるのにはこの方法が効果的だと言えるでしょう。

編集の自由度も高く、応募にもつながりやすい掲載方法ですね。

外部に頼んでいる場合は、より効果的にIndeedを活用することができます。

Indeed(インディード)で採用するために気を付けるべきポイント

Indeedで採用すべきかどうかは、1人あたりの採用にかかるコストを計算すると分かりやすいです。

ハローワークであれば、0円で採用まですることができますが、理想の人材が応募してくる可能性は低くなります。求人サイトであれば、理想の人材は来るけど単価が高くなってしまうこともあるでしょう。

Indeedは自社でかけるコストを調整できます。また、運用の腕次第で、応募を多く集めることが可能です。

運用方法によっては、求人サイトや人材紹介の方が安いという可能性もあるため、いくらまでなら出せるのかを検討して使うようにすると失敗も少なくなりますね。

求める人物像の詳細を細かく設定して、ミスマッチを少なくするのもポイントです。

Indeed(インディード)の採用で効果を出すならジョブプロの活用がおすすめ

Indeed(インディード)を使うことが決まったら、さらに効果を出すためにジョブプロを導入することがおすすめです。

Indeedの運用支援はもちろん、独自のジョブプロCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使用し、会社の魅力をよりアピールすることができます。

また、求人検索エンジンで上位表示されやすいように構築されているため、IndeedのほかにGoogle for Jobsや求人ボックスなどの大手求人検索エンジンからのアクセス向上にも対応。

魅力的に見えるような提案もしてくれるため、採用活動が安くスピーディーに進みます。

ジョブプロCMSについて詳しくみる

まとめ:Indeed(インディード)を活用して採用の幅を広げよう!

採用活動をするのであればIndeedを使わなければもったいないです。

使い方も簡単なため、誰でもすぐに使いこなすことができるでしょう。

最後に今回の記事をまとめておきます。

  • Indeedは求人検索エンジンの最大手
  • 月間訪問者数は3,000万超え
  • 無料と有料掲載から選択が可能
  • 課金はクリック数に応じて加算され使う金額は自社で設定可能
  • Indeedを使うならジョブプロの導入で効率的に運用できる

Indeedは無料で掲載できるため、試しに使ってみるということも可能です。リスクなく運用できるため、とりあえず登録しておくだけでも良いですね。

上手く活用して採用活動をさらに加速させましょう!

Return Top