採用現場も「悲観的思考から楽観的思考に」~ネガティブな感情を生み出すイラショナルビリーフ~

イラショナルビリーフ(非合理的な思い込み)とは?

人の感情は、ある出来事を体験して、その結果として生じるものだと思っていませんか?

しかし、出来事と結果として生じる感情の間には、ビリーフ(信念)と呼ばれるものが存在しているのです。

そして、そのビリーフが結果として生じる感情を左右している!
と言っても過言ではないのです。

とは言っても、ビリーフ(信念)と聞いてもなかなかイメージしにくいかもしれません。簡単に言ってしまうと、ビリーフとは人の考え方のことを指します。

では、本題のイラショナルビリーフとは何なのか…

イラショナルは直訳すると“非合理的な”と訳されます。そこにビリーフが加わり、“非合理的な考え方”ということになります。
このイラショナルビリーフ(非合理的な考え方)こそが、ネガティブな感情を作り出しているのです。

 

そもそも非合理的な考え方ってどういうこと???

誰もが日常の生活で遭遇するであろう場面を使って、
イラショナルビリーフについて簡単に説明してみましょう。

例)Aさんは偶然街で会社の同僚を見かけ、挨拶をしたが
挨拶を返してもらえなかった。Aさんは、会社の同僚に無視をされた
と思い、自分は嫌われているのではないかとひどく落ち込んだ。

上記の例で問題になることは、会社の同僚が挨拶を返してくれなかった
という出来事でも、それをAさんが無視だと認識したことでもありません。

なぜなら、Aさんが挨拶を返してもらえなかった出来事に対して、
結果として落ち込むまでには、イラショナルビリーフが働いてるからです。

Aさんは挨拶について、『挨拶をしたら返してもらうのが当たり前』
というイラショナルビリーフ(非合理的な考え方)を持っていたから、
このような場面に遭遇したときに結果として否定的感情を
抱くことになったのです。

ようするに、イラショナルビリーフとは「~せねばならない」、
「~するべきだ」、「~して当然だ」といった
人々を苦しめ、縛り付けるような考え方のことを指します。

イラショナルビリーフについて少しイメージができたでしょうか。

では次に、出来事に対して、否定的な感情を抱かないようにするために
どうするべきかを説明していきたいと思います。

イラショナルビリーフからラショナルビリーフに

イラショナルビリーフが結果として否定的感情を生じさせているのであれば、
非合理的な考え方を合理的な考え方(ラショナルビリーフ)に
変える必要があります。

先述した例を使って、イラショナルビリーフをラショナルビリーフに
書き換えてみましょう。

先ほどの例でAさんは、『挨拶をしたら返してもらうのが当たり前』
というイラショナルビリーフを持っていました。

では、Aさんが『挨拶をしても返してもらえないときもある』
というラショナルビリーフを持っていたらどうなるでしょうか。

おそらく、挨拶が返ってこなかったという出来事に対して、
“自分が嫌われているのではないか”という否定的な感情ではなく、
“悲しいけれどこういうときもあるから仕方ない”といった
健全な感情で対処できるかもしれません。

 

ネガティブな感情は自分の考え方次第でコントロールできる

以上のことから、人々を悩ませ、精神疾患も招きかねないネガティブな感情は
自分の考え方次第でコントロールできることがわかります。

ビジネス場面においても、“完璧にこなさなくてはならない”、
“失敗してはならない”、“すべての従業員から好かれなければならない”
といったイラショナルビリーフが働きにくい環境を作っていたりしませんか?

物事を多角的に捉えて、自分の信念を少し変えるだけで、
昨日よりも生きるのが楽になるかもしれません。

 

ジョブプロジェクトはindeedの広告効果とオーガニック(自然流入)対策を実践している会社です。

※今後有力なクローリング型求人媒体が現れ次第、随時対応していきます。

成功事例として、
応募単価 25000円→10000円(エステサロン)
応募単価 15000円→ 5000円(IT系人材派遣)
応募単価 35000円→10000円(保育業界)
応募単価 25000円→ 5000円(事務職)
応募単価 15000円→ 5000円(飲食業)
応募単価 30000円→ 6000円(商業施設フロント)
月間応募者 0件→ 20件(運送業界)
などの実績がございます。

ジョブプロCMS(コンテンツマネジメントシステム)という求人ページの運用や、求人詳細ページの文言最適化によって、費用対効果を上げております。

採用単価を下げる3つの仕組みとは

1.訴求内容の最適化等、求人状況や予算に合わせて、専任の広告運用担当が広告効果の最大化の追求します。
2.indeed含む求人検索に完全対応。効果的な機能を随時開発、常に進化する自社CMSオーガニック流入を継続させます。
3.キーワード選定など担当者の手間をかけずに改善・最適化。求人ページ制作チーム貴社の工数を削減します。求人原稿ライティングもこちらでまきとります。

ご費用は、初期費用20万円、月次費用は4.5万円〜、成果報酬型(1万円〜)も承っております。
またindeedの広告運用も12万円から承っております。

もしご興味ございましたら、現状の採用広告の応募単価や、採用の課題採用の規模などを添えてお問い合わせいただければ、担当営業より、一度だけ無料コンサルティング(1時間)をさせていただきます。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG