求人検索エンジンとは?Indeedだけじゃない!主要サイトを比較

求人検索エンジンの仕組みや特徴を解説

CMでよく見る「Indeed」に代表される求人検索エンジン。
Indeed以外にも求人検索エンジンとして「スタンバイ」、「求人ボックス」、「Googleしごと検索(Google for Jobs)」などがあります。

今回はそもそも求人検索エンジンとは?どういう仕組みで表示されているの?という疑問から、代表的な求人検索エンジンの特徴を比較してご紹介したいと思います。

求人検索エンジンとは?

求人検索エンジンとは、求人に特化した検索サービスです。
わからないことがあるとGoogleやYahoo!の検索窓にキーワードを入れて検索しますよね。検索結果として、色々なサイトや記事が上がってくると思います。GoogleやYahoo!が検索エンジン、と呼ばれているように、求人に特化した検索サービスを「求人検索エンジン」と総称しています。

求人検索エンジンでは、求人に特化しているので、検索する際に「勤務地」と「職種」を入れて検索するのが特徴です。

Indeedの検索窓はこんな風になっています。


求人検索エンジンはどういう仕組みで求人が表示されているの?

求人検索エンジンでは、リクナビやマイナビのような求人媒体、採用管理システム(ATS)やコンテンツマネジメントシステム(CMS)で作成された採用専用ページ、各企業の自社ホームページなどから情報をクローリングして情報を集約化し、検索条件に合う求人を表示させています。

クローリングとは?
クローリングとは、検索エンジンロボットがインターネット上を巡回して、各サイトから情報を集めてくることです。検索エンジンロボットにクローリングしてもらうためには、クローリングしてもらいやすいようにページを作成しておく必要があります。

クローリングしてもらうだけでなく、直接投稿やフィード、という形で求人検索エンジンに求人票を反映させることもできます。
直接投稿はその名の通り、求人検索エンジンに直接求人票を投稿します。直接投稿では多数の求人検索エンジンに1つ1つ求人票を反映することになるので、「勤務地」×「職種」の掛け合わせが多いほど手間がかかります。
フィードは求人検索エンジンに表示させたい情報をデータ提供することで、表示することができます。求人検索エンジンに合わせて、出す情報を分けることができるので、求人を出し分けたいときなどには便利な方法です。

求人検索エンジンの代表的なサービス

今回は、Indeed、スタンバイ、求人ボックス、Googleしごと検索(Google for Jobs)の4つのサービスを紹介したいと思います。

無料掲載 有料掲載 運営会社 特徴
Indeed あり あり
*クリック課金
Indeed, Inc.
*株式会社リクルートホールディングスのグループ会社
・世界NO.1の求人検索エンジン
・日本国内で月間訪問数3,460万
スタンバイ あり あり
*クリック課金
株式会社スタンバイ
*Zホールディングス株式会社傘下
・2020年12月Yahoo!しごと検索と統合し、2021年3月からYahoo!のトップに導線が追加
・スタンバイに掲載するとYahoo!の検索結果に表示される
求人ボックス あり あり
*クリック課金
株式会社カカクコム ・「価格.com」や「食べログ」など日本国内で多くのユーザー数を抱える会社が運営
Googleしごと検索(Google for Jobs) あり なし グーグル合同会社 ・検索エンジンのGoogleのサービス
・Googleの検索結果に表示される


まとめ

求人検索サービスといっても、特徴は様々です。圧倒的なユーザー数を誇るIndeed、日本で有数のサービスを展開するカカクコムが運営する求人ボックス、2020年12月にYahoo!しごと検索と統合してYahoo!に表示されるようになったスタンバイ、求人検索エンジンと言いながらGoogleの検索結果に出てくるGoogleしごと検索(Google for Jobs)。それぞれの特徴を捉えて、求人票を出す必要があります。


求人検索エンジンにクローリングされやすい採用専用ホームページの作成ならジョブプロCMSがおすすめ!
ジョブプロCMSの詳細はこちらから
Return Top