【応募数増加の決定打!?】猫と同伴通勤OK!!しかも月5000円の猫手当。その狙いとは?

ねこ手当が出る会社があるらしい

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000042-asahi-soci ) より抜粋

————————————
猫と「同伴」で出勤し、勤務中も放し飼いにできる職場が東京・新宿にある。
ウェブサイト制作などを手がけるIT企業「ファーレイ」。猫のための「手当」まである。
仕事中も愛猫に癒やしてもらえる、新しい働き方が実現した理由は――。

 

猫が放し飼いの仕事現場

ビルの二つのフロアにまたがるオフィスでは、計9匹の猫が社員らの仕事を見守っている。
猫の世話は一番若い社員の役目。餌の時間が近づくと、その社員の周りに「猫だかり」ができる。
餌代は会社が負担している。

代表取締役の福田英伸(ふくだひでのぶ)さんによると、社員15人のうち6人が飼い猫を会社に
連れてきているという。社員の大半は会社の徒歩圏内に住み、1人で複数の猫を連れてきている人も。

「猫同伴OK」になったのは2000年の会社設立時から。立ち上げメンバーの1人が猫を飼っていて、
「そのまま連れてきたら」と成り行きで決まったという。もともと大の猫好きで学生時代も飼っていたという
福田さん。その後、自身も保護猫を3匹引き取り、会社に連れてくるように。そして、ほかの社員に広がったという。

 

恵まれない猫の保護を通じて社会貢献したい

「当初の目的は、恵まれない猫の保護を通じて社会貢献したいという面が強かった」と福田さん。
保護を促すため、猫のための「お小遣い」を飼い主の社員に渡していたが、「いっそ制度にしてしまおう」
と考えた。5年ほど前から、保護猫を飼っている社員に月5千円の「猫手当」を支給する制度を導入。
今は5人に支給されているという。

猫で会社はどう変わったのか。福田さんが最も感じているのは、会社の雰囲気だ。「(猫のおかげで)共通の
話題ができたり、ふとしたしぐさから笑い話が生まれたり。社員間の距離が縮まり、和気あいあいと仕事ができる」

猫同伴で働きたい人からの 問い合わせがやまない!!

メリットは、社外にも広がった。交流サイト(SNS)などで猫好きの間に話題が広がり、猫同伴で働きたい人からの
問い合わせがやまないという。ライバルが多いIT業界で、知名度が広がれば、優秀な人材の確保にもつながる。
福田さんは「求人活動にも猫が一役買っている」。志望動機の欄には、必ず「いかに猫が好きか」のアピールがあるという。
「猫がいる会社」として興味を持たれ、取引が始まることもあるという。

ペットブームで猫の飼育数が増え続ける一方、安易な飼育放棄が依然、課題だ。福田さんたちの
「少しでも猫を救えたら」という思いは今も変わらない。「かわいい、楽しいだけでは続かない。少しでも猫を
救えたらという気持ちは社員も同じで、ただ働くだけでなく、社会貢献を考えるきっかけになってほしい」


お客様が猫アレルギーだったりすることもあるので要注意!!

猫がいる会社で働いていたことがありますが、
いちばん困ったのはお客様のスーツに猫の毛がついてしまうことでした。
ですので、来社いただく際には猫がいることをお伝えし、お帰りの際にコロコロで毛をとってました。。。
また、お客様が猫アレルギーだったりすることもあるので、
初めてご来社いただく方には、「猫がいますが大丈夫ですか?」と確認していました。

ちなみに実家で大型の保護犬(子供が乗れるサイズ)を飼っているのですが、
ペットの存在が社内やお客様とのコミュニケーションで活躍するシーンは確かにあります。
メール等のアイコンをペットの画像にされている方も多いですし、会話のきっかけにもなりますね。

 

あなたの会社にも「招き猫」を!!

最近では求人ページにペットが登場するシーンも多く見かけます。
こちらの企業のように、「招き猫」となる場合もあるのでしょう。

ペットを飼われている方は、これからも大切な家族として、大切になさって下さいね♪

 

ジョブプロジェクトはindeedの広告効果とオーガニック(自然流入)対策を実践している会社です。

※今後有力なクローリング型求人媒体が現れ次第、随時対応していきます。

成功事例として、
応募単価 25000円→10000円(エステサロン)
応募単価 15000円→ 5000円(IT系人材派遣)
応募単価 35000円→10000円(保育業界)
応募単価 25000円→ 5000円(事務職)
応募単価 15000円→ 5000円(飲食業)
応募単価 30000円→ 6000円(商業施設フロント)
月間応募者 0件→ 20件(運送業界)
などの実績がございます。

ジョブプロCMS(コンテンツマネジメントシステム)という求人ページの運用コンサルティングや、求人詳細ページの文言最適化によって、費用対効果を上げております。

 

採用単価を下げる3つの仕組みとは

1.訴求内容の最適化等、求人状況や予算に合わせて、専任の広告運用コンサルティング担当が広告効果の最大化の追求します。
2.indeed含む求人検索に完全対応。効果的な機能を随時開発、常に進化する自社CMSオーガニック流入を継続させます。
3.キーワード選定など担当者の手間をかけずに改善・最適化。求人ページ制作チーム貴社の工数を削減します。求人原稿ライティングもこちらでまきとります。

ご費用は、初期費用20万円、月次費用は4.5万円〜、成果報酬型(1万円〜)も承っております。

もしご興味ございましたら、現状の採用広告の応募単価や、採用の課題採用の規模などを添えてお問い合わせいただければ、担当営業より、一度だけ無料コンサルティング(1時間)をさせていただきます。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG