【求人原稿の書き方ガイド】求人原稿はどうやって書く?効果的な求人広告の作り方

採用を行う企業にとって、

求人原稿は企業を表す顔のようなものです。

一部の企業を除けば、
求職者にとって初めて見る企業情報が、
求人原稿だからです。

これは媒体を利用して採用する場合も、
indeedや求人ボックスなどサーチ型求人サービスを利用する際でも、
また、自社サイトはもちろん、
リファラル採用やウォンテッドリーのような採用手法であっても等しく重要です。

では、その大切な求人原稿について、
写真の選定やターゲティングなど、あらゆる観点から求人原稿の書き方について
まとめていきます。

応募者を増やす求人票の書き方については、
こちらの記事も参考にご利用ください。

【応募者を増やす求人票の書き方のコツ】あなたの会社はどんな求職者のどんな悩みを解決していますか?

ターゲティングを明確にする

採用が必要になったとき、
まず必要なのは「どんな人がほしいのか」という
ターゲットを明確にする作業です。

当たり前のように思われるかもしれませんが、
実はこれが明確にならないまま採用活動を開始している場合が多くあります。

例を挙げると
欠員が出たからその人に代わる人を探さないといけない
というパターン。

一見ターゲットは固まっているように見えて、
「人」に代わるターゲットというのは、
かなり難しいと言わざるを得ません。

なぜなら、「同業種」かつ、「同職種」というターゲットは、
範囲が狭く、またスキルが充実している分、
どこもほしい人材になってしまっています。

数も少なくハードルも高いターゲットを求めて採用活動を行うと、
必然的に採用にかかる費用は高くなっていきます。

どうしても、という場合には、
採用報酬の紹介型の求人サービスがマッチしやすいかもしれません。
もちろん、費用はもっともかかりやすい仕組みです。

では、ターゲティングはなにをすればいいのか

具体的な話をまとめていきます。

まず意識するべきことは、
自社の要求にぴったりの人材はいない、と把握すること。

能力・経験だけでなく、その人のキャラクターなども含め、
自社が本当にほしいところにぴったりハマってくれる相手を探していたら、
採用活動はうまくいきません。

本当にこの経験はいるのか?
いま本当に必要なスキルはなにか?
資格の有無で大きな差が出るのか?

など、様々な観点からシンプルな募集要件を考える必要があります。

これは決して、「採用条件を下げる」ということではありません。
数いる求職者から選べる立場であればいいですが、
そうではない多くの場合、
採用した人に合わせて企業側が柔軟な対応を求められるということも、
視野に入れたほうが結果的に良い人をぴったり採用することにもつながります。

ここまで意識して要件を確定したら、

ほしいターゲットのペルソナを設定していきます。

今の仕事内容、業務時間、性格から考えられる行動パターン、接触するメディア
転職のきっかけ、転職で実現したいことなど。

様々な観点からはたらく人の人物像を想定し、
その人がどうしたら働きたくなるか、を考えると、
よい求人原稿への近道になります。

もちろん、前述の通り、
そのペルソナにピッタリ当てはまらなくても、
今必要としていることは何なのか、じっくり考え、求職者と向き合い、
慎重にジャッジする必要もあります。

ターゲティングについてはこちらの記事もご参考ください。

求人採用面接に当たって考えること/面接官・採用担当者が今考えるべき採用基準とは

 

キャッチコピーの考え方

ターゲットが明確になったら、
重要なキャッチコピーや写真を選んでいくことになります。

特にキャッチコピー(求人タイトル)は、
数多くある求人票の中から自社のものを見つけてもらうため、
最も重要なファーストインプレッションになりやすいため、
しっかりと決めていきたいです。

が、そんなに簡単にぴったりなキャッチコピーというのは生まれません。
ではどうすればよいか。

必要なことは、

PDCAを回して最適なキャッチコピーを考える

というもの。

つまり出してから効果を見て修正を繰り返すというもの。
超売り手市場が騒がれる状況もあり、
いまや求人広告は掲載すれば応募が集まる、というものではありません。

むしろ一回目の求人原稿が当たることのほうがすくないくらいです。

大前提として、
しっかりとした効果の測定と、細やかな見直しが必要となっていることは考えなければいけません。

その上で、自社の求人のアピールポイントを探します。
このとき、先程のターゲットのペルソナを意識すると思いつきやすいかと思います。

キャリアアップを求めて転職をする人を狙うなら
「キャリアアップ」「幹部候補」「充実の研修制度」「資格取得祝い金あり」
など、それらに関わるキーワードをピックアップできます。

最近ではindeedからの流入はほとんどのサービスで必要不可欠な状況であるため、
どのような形で出す場合でも、
検索されやすそうなキーワード、というSEO的な考えをしっかりいれていく必要があります。

indeedでヒット率が高いキーワードの一例としては、
「未経験歓迎」「オープニングスタッフ」などがあります。

一口に営業職であっても、ただ営業と出すのか、企画営業と出すのか、マーケティングにも関わるのかなど、
様々な打ち出し方があるため、
事前に想定したターゲティング、ペルソナから考えていき、
そのうえでPDCAをしっかり回し、常に最適な文言を模索していくことが必要になってきています。

PDCAサイクルについては、
こちらの記事もご参考にご利用ください。

indeed(クロール検索型求人広告)におけるPDCAの具体的な実践方法とは?

写真はどんなものが良いのか

最も重要なのはやはり、
TOPの写真になります。

どんな人が働いているのか。
自分がこれからどんなふうに働くのかが見えると良いです。

具体的には、

社員が数名、仕事をしている様子で写っているのがベストです。

カメラ目線やピースなどではなく、
あくまで仕事中であることが重要です。

社員旅行や和気あいあいとした写真は、
TOPではないところで使うのに適しています。

また、仕事現場だけで、人がまったくいない写真も、
TOP向きではありません。
働いている自分がイメージできることが重要になります。

実際の社員の写真でなくても、
働いている自分をイメージしてもらえるのであれば、
実際の仕事風景のあくまで一部という形などでも、
効果を出せる方法もあります。


・一般的に男性が多い職種で、活躍する女性をピックアップしてTOPの画像に据える
・主婦層をターゲットにした簡単な作業職の募集に、特徴の薄い女性の写真を使って誰でも活躍できることをアピール
・一見難しそうな未経験歓迎の職種に、子どもの写真を使って入り見やすさをアピール
など

写真についても、
状況に応じたPDCAサイクルは必要になってきています。

募集要項で意識するべき点

ここまでタイトルや写真など、
目立った部分、まずは見てもらうための部分についてまとめてきました。

募集要項では、実際に閲覧に来てくれた求職者に、
自社で働くメリットをしっかりとアピールすることが大切です。

多くの求職者は求人原稿だけではなく、
コーポレートサイト、求人サイト、レビューサイトなど、
様々な場所から情報を収集します。
そのため、必要以上にいいところばかりをアピールしても、
実態がともなわないとすぐに見破られてしまいます。

求職者に完璧な人がいないのと同じように、
求職者にとっても、完璧な仕事というのはほとんど存在しません。

それぞれの仕事にメリットとデメリットがあり、
その人がどんなメリットを重要視し、
どんなデメリットを許容できるのかというのは、人それぞれ異なります。

そのため重要になるのは、
自社で働くメリットのアピールだけではなく、
その仕事についてもらうにあたっての詳しい実態を共有することになります。
特に仕事内容は、具体的であればあるほどよいです。

一日のタイムスケジュールや、
将来的なキャリアステップなど、
求職者は様々な情報を欲しています。

求職者の目線で求人票を見ることも大切です。

求人票から読み取れる最悪を想定される

ことを念頭において、求人原稿は作成するべきです。

例えば年収300万円~450万円としていた場合、
450万円をもらう気持ちで応募する人は本当に限られます。
どんな人なら300万円で、
逆にこういった条件を満たしている人なら450万円、などといった形で、
具体的にその人にイメージしてもらう情報を与えていくことが大切です。

アルバイトの募集の勤務時間に

週5 9:00~18:00
(シフト制)

としか書いていない場合などがありますが、
これは週5回同じ時間で働いてもらうという意味なら問題ありませんが、
本来は週2,3回~でいい場合でも週5の拘束に見えてしまうという事例がありました。

こういった勘違いを防ぐための情報以外では、
実際に働いている人の声も、
求職者にとって求められやすい内容です。

実に8割の求職者が、
コーポレートサイトや求人サイトを確認してから応募にいたります。

また、リクルートが企業に関する口コミ情報を収集している求人情報検索サイトを運営するグラスドアを買収し、
Google for jobsでもレビューサイトがデフォルトで表示されるなど、
企業レビュー、口コミの注目度はこれからもどんどん上がることが想定されています。

自社からも「口コミ」に当たる現社員の声をしっかり吸い上げ、
求人原稿の中で共有していくことができれば、
求職者が応募に踏み切りやすいより良い情報が詰まったものにしていけるのではないでしょうか。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG