寄り添い型のパートナーがいれば、越境ECの実現も加速する<LANSE合同会社様>


LANSE合同会社  谷様

海外販路を確保するため『shopify』への乗換えを検討

弊社は企画を東京で行い、中国にある自社縫製工場でアパレルのOEMやODMなどを展開するアパレルメーカーです。
2017年からはファクトリーブランドの運営も開始。2020年に立ち上げたMYTHIK(ミシック)という新ブランドでは、AKB48を始めとするアイドルやインフルエンサーたちとのコラボレーション企画などにも積極的に取り組んでいます。

ブランド立ち上げ当初からECショップとしてBASEを利用しているのですが、決済周りがわかりやすいといったメリットを感じる反面、予約販売のシステムがアパレルには不向きだったり、手数料といった部分に課題を感じていました。
また、ブランドが順調に拡大していく中で、市場を国内に限るのではなく海外にも広げていきたいという戦略のもと、欧米や南米でも知名度の高い『shopify(ショッピファイ)』でもECショップを運営したいと考えるようになったのです。
しかし、限られたマンパワーで通常業務をこなしながら、移行作業に取り組むことが大きなネックと感じられたことがきっかけで、それらの作業を請け負ってもらえるパートナー探しを始めました。

ジョブプロは“運用”や“保守”までをサポートしてくれるのが魅力

パートナー候補として、いくつかの企業から提案を受けたましたが、中でもジョブプロに魅力を感じたのは、基本的には“納品したら終わり”というスタンスの企業が多い中で、ショップの構築だけでなく、運用や保守といったところまでトータルでサポートを行なってくれるという点です。
ECショップは作ってからが本当の意味でのスタートですが、トラブルが起こった後に、対応してくれる人を探しても間に合わないので、カットオーバー後も伴走してくれるのは、とても安心感がありましたね。

他社の場合、そもそもECショップに掲載する商品の増減といった軽作業に対応してくれるサービスがなかったり、更新には別途費用がかかるといったパターンも多いですが、ジョブプロは、1つのパッケージの中で、日々の雑多な作業から継続的なメンテナンスまでをお任せできるので、作業面での負担を減らせるのはもちろん、費用といった点でも大きなメリットを感じました。

定型じゃない対応で理想を“クイック”に実現できる

実際の移行作業は迅速かつ丁寧に進めてもらったという印象が大きいです。ECショップ構築の際には、弊社が想定していたよりもかなり早いスピードで納品されたので、こちらの確認作業が間に合わず嬉しい悲鳴をあげたほどでした(笑)。

運用や保守といった側面では、軽微な仕様の変更はもちろん、四半期に1度はショップの見せ方を大きく変更したいといった要望も迅速に叶えてくださるので、本当に助かっています。
これからも、定期的にショップのリニューアルを図ったり、企画に合わせたアレンジをスピーディに展開していきたいと考えているのですが、ジョブプロの細かな対応とスピード感なら、これからも思い描いたプランをタイムラグなく実現できると期待しています。

またジョブプロは、親身になって顧客の要望を叶えてくれる“寄り添い型”のパートナーだと一緒に仕事をさせていただく中で実感しました。決まり切った対応で完了するのではなく、プロの視点から丁寧でわかりやすいアドバイスをくれるので「越境ECを始めたいがどんな風に進めていけばいいのかわらかない…」といった漠然とした不安を抱えている方々にも、利用を是非オススメしたいですね。

   

 LANSE合同会社

中国の自社縫製工場を使ってアパレルのOEM・ODMを手がけると同時にオリジナルのファクトリーブランドを展開。“モードでエレガントなデニム”を主力アイテムとするファッションブランド・MUSÉE DE LANSE (ミュゼ ド ランス)やハロプロ・AKB48とのコラボ実績もあるMYTHIK(ミシック)がファッション感度の高い人々や若者から注目を集めている。


LANSE合同会社様が手掛けるファッションブランド

MYTHIK(ミシック)のページはコチラ

Return Top