自社採用サイトを制作するのは効果がある?メリットやデメリットは

「採用サイトを自社制作したいけど効果があるか不安」
「自社採用サイトはそもそも作った方がいいの?」
会社を拡大していく際に必ず出てくる悩みが、採用サイトを制作するかどうかという問題です。

確かに、拡大するにあたって人材確保は非常に重要な部分であり、採用の方法を考える上で採用サイトは欠かせません。

採用サイトを外部で持っておくこともありますが、どうしても費用がかさんでしまいます。そこで自社採用サイトを制作する案が挙がってくるわけですね。

今回は、自社採用サイトを制作すると、どんなメリットやデメリットがあるかをご紹介していきます。

この記事を読めば自社採用サイトを制作すべきかどうかが分かるようになります。

自社採用サイトの制作・リニューアルを考えるのはどんなとき?

自社採用サイトを制作・リニューアルしようと考えるのはどのようなときでしょうか。

どこの会社も立ち上げ当初に採用サイトを制作しようとすることは基本的にはありません。

ある程度資本があり、売上がある中で採用に力を入れようと考える場合がほとんどです。

具体的にはどのようなときに制作・リニューアルを考えるのか見ていきましょう。

現状の採用ページだけでは人材が集まらない

自社採用のページはあるものの、現状の採用ページでは応募が思うように集まらない際に、新たに制作しようと考えることは多いです。

確かに応募が集まらないページであれば、崩してしまっても問題はないですし、新しくした方が効果も見込めるでしょう。

なぜ応募が集まらないのか、どうしたら魅力的に感じてもらえるのかを考えて制作することでまったく違った効果を生み出すことも多くあります。

現状の採用ページからどのように変えれば、希望する応募数を確保できるのかを考えて制作・リニューアルすることでより的確な改善をすることができるでしょう。

いくらお金をかけても効果が見込めない

採用に力を入れる際に、広告費をかけるという会社は多くあります。

しかし、いくら広告費をかけても応募が集まらないということはよくあることです。

せっかく広告を出しているのに、応募が集まらなければ広告費を捨てているようなもの。仮に月間100万円の広告費を出して、5人しか集まらなかったら1人あたり20万円。さらに採用できそうな人が5人のうち1人であれば100万円で1人の採用をしていることになります。

この数字は仮の数字のため、計算してみたらもっとコスパが悪いということもあるでしょう。

このように露出は十分なのに、応募が集まらないときにも自社サイトの制作・リニューアルが考えられます。

採用コストをできるだけ低く抑えたい

外部の採用サイトを使用していている場合、依頼側は採用するたびに多額のコストがかかります。

料金はサービスにより異なりますが、1人あたり数十~数百万円かかることも珍しくありません。

応募は沢山来るのに1人採用するたびに、多額の料金を支払うのは正直つらいもの。そこで、自社で採用することができれば、外部に支払う分を浮かせることができると考えるわけですね。

上手く使いこなすことができれば、年間で数百~数千万円の削減をすることもできます。

採用コストをいかに安く抑えることができるかどうかを考えることは、上手くいっている会社であっても考えなければならないというわけですね。

自社採用サイトを制作するメリット3選

自社採用サイトを制作すると得られるメリットは多くあります。

この得られるメリットと現状を比較すると自社採用サイトを制作した方がいいのかを判断しやすくなりますね。

今回は以下の3つをピックアップしました。

  1. 採用コストを圧倒的に低くすることができる
  2. 欲しい人材を確保できるようになる
  3. 競合との差別化ができて人材が集まりやすくなる

それぞれどのようなメリットなのか詳しく見ていきましょう。

1.採用コストを圧倒的に低くすることができる

自社採用サイトを持っていると、採用コストを圧倒的に低くすることができます。

先述したように年間で換算すれば数百~数千万円の削減も可能でしょう。1年単位で削減することができなくても、長い目で見れば外部のサービスを使うよりも低いコストで採用することができます。

長く運用すればするほど、外部サービスを使用していた場合と比べて採用コストを抑えることができるのは、大きなメリットですね。

どのくらいの期間で、どのくらいの人数を採用するのかを考えて自社採用サイトを制作すると失敗も少なくなるはずです。

人材採用の際のコストを洗い出して、1人あたりに換算することから始めましょう。

2.欲しい人材を確保できるようになる

自社採用サイトは、いくら改修をしてもコストはかかりません。

運用をしていくうちに「もっとこうした方が魅力を伝えられるのではないか」「こういった情報も載せていきたい」と改善案を思いつくこともあるでしょう。

そういった場合に、自社採用サイトであればすぐに改善をすることができます。「特定の採用条件を追加したら応募数が増えた」など上手くいった事例を元に、PDCAを回していけるのは自社採用サイトならでは。

また、ターゲットを絞ることも簡単にできるようになるため、欲しい人材の確保にすぐ動くことができます。

データを集めて、欲しい人材に刺さるようにアプローチできるのは使い勝手が良いですね。

3.競合との差別化ができて人材が集まりやすくなる

自社採用サイトは、カスタムやデザインも自在にできるため、競合との差別化をすることも可能です。

外部のサービスを使用すると、テンプレートに沿って記入しなければならない場合もあります。ユーザーからすると、欲しい情報がどこにあるか探しやすいというメリットはあるものの、どこも同じだと印象に残りにくいです。

また、記入できる情報量が決まっていることも多く、なかなか差別化がしにくくなっています。

自社採用サイトであれば、特色をユーザーにしっかりと伝えることができるため印象に残りやすいでしょう。ほかの求人を見た後でも記憶に残っているため、候補に加えてもらいやすくなります。

自社採用サイトを制作するデメリット3選

自社採用サイトを制作する際は、メリットばかりに目がいってしまいがちですが、デメリットも確認しておくことが大切です。

メリットとデメリットを比べて、本当に自社採用サイトを制作するべきなのかを決めましょう。

メリット同様に3つのデメリットをピックアップしたので、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 採用サイト制作をする初期投資が高くつく
  2. 戦略的に継続して運用しなければならない
  3. 広告費をある程度かけなければならない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.採用サイト制作をする初期投資が高くつく

自社採用サイトを制作する際には、初期投資が必要になります。社内でエンジニアやデザイナーを抱えている場合は安く済ませることができますが、外注するとなるとどうしても高くついてしまうでしょう。

リニューアルも同様で、外注する場合はある程度の費用がかかります。

場合によっては、採用コストよりも高くなることもあるため、どのくらいで回収できるのか計画はしっかりと立てておきたいですね。

ただ、1回制作してしまえば、以降は保守管理の費用だけで済みます。制作・運用会社によっても変わる部分のため、制作の際には確認しておきましょう。

2.戦略的に継続して運用しなければならない

自社採用サイトは、外部サービスのように、勝手に運用はされません。

そのため、自社で戦略を立てて、継続的に運用していかなければ成果を出すのは難しいでしょう。

広告はいつ打つべきなのか、応募へ繋げるためにはどこを改善すべきなのかを定期的に見直す必要があります。

自社での運用が難しい場合には、スポットでコンサルや運用を請け負ってくれる会社を探すのもひとつの手です。

制作するだけでなく、運用することも考えておかなければならいことは頭に入れておきましょう。

3.広告費をある程度かけなければならない

自社採用サイトを制作・リニューアルしたとしても、誰にも見られないのであれば意味がありません。

コンテンツマーケティングやSNS運用で流入が見込める場合には必要ありませんが、十分な流入を得るためにも、広告費をある程度かけることは必要です。

広告費はKWや業界によっても異なるため、制作をする際に調べておくとスムーズです。

つまり、自社採用サイトを制作する上で必要なのは制作費用だけでなく、運用費用も見込む必要があるということです。

合計してどのくらいのコストがかかるのかを想定して制作することが大切ですね。

自社採用サイトを制作すればできることは確実に増える

自社採用サイトの制作をするメリット・デメリットは挙げればまだまだあります。

しかし、全体を見て言えるのは自社採用サイトを制作すればできることは確実に増えるということ。

運用初期は確かに大変なことも多いですが、ある程度運用していけばコツも掴めて軌道に乗せやすいでしょう。

改修なども簡単にでき、なによりスピード感を持って採用活動をすることができます。

アクセスがどこから来ているのかを分析することで、最適な運用方法に切り替えることも可能です。

柔軟に運用することができる自社採用サイトは作っておいて損はないと言えますね。

自社採用サイトの制作は結局誰に頼めば上手くいく?

自社採用サイトを制作するにあたって、ほとんどの会社が外部に依頼をすることになるでしょう。

自社で制作することができれば、ベストですが制作ができてもポイントを抑えることができていなければ、作り直しということもあります。

やはりプロに頼むの最終的にコストも抑えることができますね。

自社採用サイトを制作するのであれば、ジョブプロジェクトがおすすめ。ジョブプロジェクト株式会社では自社採用サイト制作を請け負っています。ジョブプロジェクトであれば豊富な実績があり、会社の魅力を十分に伝えることが可能です。

無料で集めるか、広告を使って集めたいか、会社の魅力をより伝える自社専用の採用ページを作成したいか、などご要望に合わせてプランをご提案しています。

ジョブプロCMSについて詳しくみる

まとめ:自社採用サイトの制作・リニューアルを頼むならプロにお任せ!

自社採用サイトの制作・リニューアルをすることで、採用をよりスムーズに進めることができます。

もちろん、すべての会社が同じように成果を上げることは難しいため、今回ご紹介したメリット・デメリットを天秤にかけてどうするかを決めると失敗も少ないです。

最後に今回の記事をまとめておきましょう。

  • 自社採用サイト制作を考えるのは今の採用に満足がいっていないとき
  • 自社採用サイトを制作するメリットは採用コストの削減や競合との差別化できる点
  • 自社採用サイトを制作するデメリットは制作費用や運用費用が一定額かかる点
  • 自社採用サイト制作はプロに頼んだ方が効果が見込める
  • 採用サイトの制作・運用はジョブプロジェクトがおすすめ

採用というのはどんな会社でも抱える悩みのひとつです。簡単にできない分、コストも高く、会社の負担になってしまうこともあります。

自社採用サイトを持っていれば、長期的な負担も減り、データも蓄積することが可能です。採用に力を入れたいと考えているのであれば、自社採用サイトの制作も候補に入れてみてくださいね。

Return Top