採用サイトの制作手順を5ステップで徹底解説!正しい作り方とは

「採用サイトの作り方ってどういう手順?」
「そもそも自分たちで採用サイトは制作できるもの?」
採用サイトの制作を決めたものの、採用サイトの作り方が分からないということはよくあります。

確かに採用サイトを制作したことのある会社は少なく、制作したとしても1回のため、作り方までは覚えていないですよね。

しかし、採用サイトを制作するのであれば、正しい作り方は事前に知っておくべきです。

そこで今回は、採用サイト制作の手順を5ステップでご紹介していきます。

この記事を読めば、採用サイトの正しい作り方を知ることができ、制作がスムーズに進みます。

採用サイトは自社制作と外注どちらがいい?比較してみた結果

採用サイトを制作していく際に決めなければならないのが、自社制作をするのか外注するのかです。

どちらも良いところはあるのですが、おすすめは外注すること。簡単に両者を比較してみましょう。

自社制作 外注
料金 無料~20万円 10~200万円
制作期間 1週間~1ヶ月 2週間~2ヶ月
メリット ・初期費用があまりかからない

・実行までの期間がスムーズ

・コミュニケーションコストが少ない

・転職サイトの制作ノウハウがある

・独自の対策を組み込むことができる

・手放しで制作が進む

デメリット ・採用サイトのノウハウがない

・効果があまり見込めない

・初期投資がある程度必要

・外注先に当たりハズレがある

自社制作できるのであれば、試しにやってみる価値はあると言えます。ただ、運用していくにあたって、ノウハウがないと効果はあまり得られないでしょう。

少しずつ知っていくことも大切ですが、短期的に結果を出すのであれば外注した方が成功率は高そうですね。

自社で制作:無料で制作可能なものも!料金が安く済んで想いを反映しやすい

自社で採用サイトを制作する場合の大きなメリットは、とにかく安く早く済ませることができるということです。

外部サービスを使えば、テンプレートに沿って無料で制作することもできるのは嬉しいですね。

さらに、社内で情報共有が可能なため、掲載情報の修正や追加もスムーズに行うことができます。気が付いたときにすぐに反映することができるのは、自社制作の強みと言えるでしょう。

「まずは自分たちで作り方を知って実行したい」「あまり費用はかけたくない」といった場合には自社で制作することをおすすめします。

外注して制作:採用に必須なポイントを盛り込むことができる

外注で採用サイトを制作する場合は、どうしても一定の費用がかかってしまいます。

しかし、採用サイト制作のプロのため、採用するためのノウハウを持っているのが強みです。

どんなことを訴求すべきなのか、ターゲットに必須の情報は何なのかを相談しながら決めることができるのは外注だからこそ。

また、外注先をしっかりと選ぶことができれば、安い料金で大きな効果を生み出すことも可能です。

「自社で採用サイトを作るのが難しい」「手っ取り早く採用サイトを制作したい」といった場合には外注することをおすすめします。

採用サイトを制作する上で必要な5ステップ

採用サイトを制作する上で必要な手順を分かりやすく5ステップにまとめてみました。

作り方は細かく区切ればもっとありますが、多すぎても分かりにくいため、以下の5ステップにしてあります。

  1. 採用サイトを制作する目的を明確にする
  2. 採用サイトに載せる情報を精査する
  3. サイトマップを作成して導線を考える
  4. 採用サイトのデザインを考える
  5. 実際にコンテンツを作成していく

上記の手順で進めれば、基本的には問題ありません。採用サイトを制作する際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

ステップ1.採用サイトを制作する目的を明確にする

採用サイトを制作する前に、どこのユーザーを狙う採用サイトなのかを決める必要があります。いわゆるペルソナ設計ですね。

どのような人材が欲しいかによって掲載すべき情報も変わり、運用方法も変わってきます。

ここの設計がブレてしまうと、予想と違った採用サイトを制作してしまうことになりかねません。

外注する際はなおさらで、採用サイトを制作する目的を明確にしておかないとアウトプットにズレが出てきてしまうでしょう。修正するとなると時間はかかりますし、コストも余計にかかってしまうため、事前に社内ですり合わせをしておくことは忘れずに。

ステップ2.採用サイトに載せる情報を精査する

採用サイトを制作する目的やペルソナが固まれば、実際に掲載するコンテンツを固めます。

この際に注意すべき点としては、オリジナルのコンテンツを盛り込むということ。

オリジナルのコンテンツがあることで、競合との差別化をすることができ、応募の候補に加えてもらいやすくなります。

ペルソナの特性を把握しておくことで、載せる情報の精査もしやすくなるはずです。ステップ1で得た情報を活かして、必要な情報を精査していきましょう。

載せる情報は多すぎてもユーザーを迷わせてしまうだけなので、必要最低限に絞ることは意識してくださいね。

ステップ3.サイトマップを作成して導線を考える

コンテンツの精査ができたら、サイトマップを作成しましょう。サイトマップは全体の構造を把握するのに有効で、どのようにユーザーが遷移するのかを考えやすくなります。

ユーザー目線での使いやすさを重点的に見ることによって、滞在時間を伸ばすことに繋がり、結果として応募数も増えるでしょう。

構造を利用して、見せたい情報を先に表示させるといったことも可能です。ユーザーがいち早く知りたい情報は給料についてなのか、仕事内容なのか、それとも福利厚生なのか必要に応じて決めていきます。

どの段階で応募をしたくなるのかということを考えて導線を設置することで、応募数も大きく変わるため、相談の上決めていきましょう。

ステップ4.採用サイトのデザインを考える

採用サイトのデザインはパッと見の印象を決める大事な要素です。明るい色であれば明るい社風に捉えてもらうことができますし、落ち着いた色であれば真面目な印象を与えることができます。

特に注目して欲しい情報はバナーにしたり、アニメーションを使ったりしてみるのも面白いですね。

採用サイトのデザインはターゲットによっても変わります。欲しい人材によって、そのターゲットにはどのようなデザインが響くのかを考えると効果も出やすくなるでしょう。

ステップ1のペルソナ設計をできるだけ明確にしておくことで、デザインは固めやすくなります。

ステップ5.実際にコンテンツを作成していく

コンテンツやデザインまで設計することができれば、あとは実際に制作していくだけです。

デザイン・コーディングの部分だけ外注することもできるため、必要に応じて決めておきましょう。

作っていく際に「もっとこうした方が良いかも」など変更が必要な場合は、完成前に伝えることで負担を減らすことができます。

1回決めた内容でも、後日見直したらもっと良いコンテンツになるということも珍しくありません。採用に直結するサイトだからこそ、何度も見直して納得の行くものを制作することが大切です。

採用サイト制作の際に気を付けるべき3つのポイント

ご紹介した手順に沿って採用サイトを制作していけば、大きくブレることなく作ることができます。

どのステップも重要ではありますが、特に気を付けるべきポイントを3つピックアップしました。

  1. 獲得したい人材を明確にしてターゲットを絞る
  2. 採用サイトを制作する目的の軸をブラさない
  3. ユーザーの目線で設計を考える

上記の点を重点的に考えることで、理想の採用サイトに近づくことができます。

1.獲得したい人材を明確にしてターゲットを絞る

採用サイトを制作するのは、獲得したい人材がいるからですよね。

ターゲットになる人材がどのような人物像なのかを明確にしておくことで、コンテンツやデザインを決めやすくなります。

何歳くらいで、どのくらいの経験を積んでいる人なのか、将来の目標はあるのかなど考えられること沢山あるはずです。

できるだけ細かい設定をしておくと、ターゲットに合った情報を提供できる採用サイトに仕上がります。

採用サイトを制作する際に、最初に考えるベースとなる部分なのでしっかりと固めておきましょう。

2.採用サイトを制作する目的の軸をブラさない

採用サイトを制作していくと、途中で趣旨が変わっていってしまうことがあります。

中途を採用したいのに「初任給を載せよう!」と考えついて盛り込んでしまうなど、考えていくうちに少しずつ当初の目的とズレてきてしまうのです。

もちろん、良くしようと思って改善案を出すわけですが、原点に立ち返ることをしないとどんどん違った方向に進んでしまうことになりかねません。

怖いのが誰もズレていることに気付かないということ。定期的に目的を振り返る機会を作ることで、未然に防ぐことができるため、すり合わせる機会を設けましょう。

3.ユーザーの目線で設計を考える

採用サイトはユーザーが応募するかどうかを最終的には決めます。そのため、ユーザーにとっていかに使いやすいかがポイントになるでしょう。

やってしまいがちなのが、企業側が出したい情報を盛り込み過ぎてしまうということ。

伝えたいことが多いのは良いことですが、ユーザーは情報が多すぎると迷ってしまいます。

どの情報が必要で、どの情報は必要ないのかをユーザー目線で考えていきましょう。

また、サイト設計ではユーザー目線に立って、使いやすいサイトにすることで回遊率を上げることができます。

採用サイト制作に迷ったら外注する方がトータルではお得!

採用サイト制作を自社でするか、外注するかで迷う企業は多いです。

結論、迷うくらいであれば、外注した方が早く安く、効果的な採用サイトを制作することができます。

採用サイト制作のプロは正しい作り方を知っており、独自のノウハウも持っていることがほとんどです。プロの意見を取り入れるだけで、応募数に大きな差が生まれます。

外注すれば独自のCMSを使うことも可能

外注先にもよりますが、独自のCMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)を使うことができます。

データ収集がしやすくなるほか、採用サイトが検索に引っかかりやすくすることもでき、流入増加を期待することもできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、運用も併せて行ってくれる会社が多いため、ほぼ手放しで制作から運用までをすることが可能です。

意見をヒアリングしてもらい、プロの手で綺麗に反映することができれば、伝わりやすさも大きく変わるでしょう。

採用サイト制作の費用は20万円~

採用サイトの制作費用は外注した場合、20万円程度から依頼することができます。

システムなどを組むと数百万円することもありますが、良いところを探せば安く効果的な採用サイト作ることが可能です。

必要に応じて運用も行ってくれるため、余計な費用をかけずに効率的に採用サイトを制作することができるでしょう。

採用単価が50%以上削減されたという実績も多く、採用サイトをリニューアルしようと考えている企業の方にもおすすめです。

ジョブプロCMSについて詳しくみる

まとめ:採用サイト制作は計画的に進めよう!

採用サイトは制作手順に沿って進めれば、理想的なものを制作することができます。

経験があまりない部分だからこそ、しっかりと調べて進めていきたいですね。

最後に今回の記事をまとめておきます。

  • 採用サイトは自社制作と外注の2つから選ぶことができる
  • 経験がない場合は外注した方が効果は出やすい傾向にある
  • 採用サイトの制作手順は大きく5ステップ
  • 採用サイトを制作する際には3つのポイントに注意する
  • 外注するならジョブプロジェクトがおすすめ

完成度は誰の手で行うかによって変わりますが、軸をブラさないという点でも今回ご紹介した手順を参考にしてみてくださいね。

正しい作り方で理想の採用サイトを作り上げましょう!

Return Top