【採用担当向け】コロナショックで求人はどう変わる?! 減るリアルイベント、増えるミスマッチなど【新卒編】

令和2年4月7日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)緊急事態宣言が行われました。
実施地域は埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・福岡県ですが、他地域においても独自の宣言が出されるなど全国的に感染拡大を阻止するべく動きが取られています。

人事の皆様も3月末から大きな影響を受けておられるかと思います。
多くの新入社員が自宅での教育や待機となり、中には内定取り消しなどといった事態に発展したケースもありました。

さて、そのような状況下にあっても、採用は人事の大きな課題の一つでしょう。
しばらく人事の頭を悩ませ続けていた超売り手市場の動きにも変化が見られます。
新型コロナウイルス感染症に伴うショックで、求人業界がどのように変わるか。
今人事にできることはなにか。
まとめていきます。

新卒採用の変化

WEB化の波

新卒採用については2021採用に向け、すでに多くの企業が動き出す中、今最も頭を悩ませているものの一つが説明会でしょう。

説明会はやはりリアルイベントという企業が多く、WEBでの説明会や面接に抵抗感、懸念を持つ企業・人事担当者も多くいましたが、2020年はそのままではいられないという状況にあります。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は長期化の声も出ており、少なくとも2021年新卒採用においては「WEB化」の波を受け入れざるを得ないというのが各企業の状況ではないでしょうか。

広がる新卒獲得のチャネル

リクナビ、マイナビに代表される「就活ナビ」は、就活生の主アイテムであり、同時に新卒採用に関わる企業・人事の必須アイテムといえるほど大きな影響力を誇ってきました。

近年、これらに代わる採用手法として注目されるのが「オファー型採用サービス」や、「リファーラル」、「イベント型採用」など。

超売り手市場においては採用担当者はまず母数を集めること、母集団形成が大きな課題だったことと思います。
しかし、社会情勢の変化に伴い、超売り手市場にも変化の兆しが起きています。
そんな中、求められるのは母集団形成といった数の確保よりも、質の確保への変化が想定されています。

幼い頃からスマホ、タブレットなどとともに育ってきたいわゆるデジタルネイティブ世代であるいまの就活生は、情報インプット能力が非常に高く、既存の「就活ナビ」以外のチャネルに柔軟に対応している傾向があります。
逆に情報感度が高く、新しいことに前向きにチャレンジするという各社が新入社員へ求める大きなテーマ、「主体性」を持った就活生ほど、様々なチャネルへ対応しているといいかえることもできるでしょう。

学生の心境

現在の学生のうち、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けずに就活をできると答えたのはわずか5%となっています。

採用担当者も大きな混乱の中にいることと思いますが、学生にもその混乱、不安の気持ちは大きく現れており、様々な声があげられました。人事目線で起こった就活生とのずれをピックアップしてご紹介します。

■WEBテストへの切り替えを決断したはいいものの、実施の3日前。遠方から来る予定だった学生からはキャンセル料を惜しむ声が……。

■合同説明会の中止など、リアルイベントの中止はバタバタと決まったものの、そこに代わる手はずは準備中。学生からは周りの子も不安になっている、企業の説明会や選考スケジュールなどは早めに開示して欲しいとのリクエストが。

どちらも情報開示を早める声があげられたということでした。
緊急事態宣言も受け、「できない」決定は素早く行ったものの、学生が望むのはその先の対応。
もちろん人事、採用担当としても過去例をみない状況の中で手探りの作業となっている方も多くいるかと思いますが、SNSなどの比較的ライトに情報が発信できるツールはここぞというときに威力を発揮するかもしれません。

新卒採用の今後は!?

学生側の心境を軸に考えると、これまでリアルのイベントを軸に行われた就活がWEBを利用した流れになっていくことが予想されます。

その結果、直接的な接触機会がないため志望動機が膨らまず、不明瞭なままの応募が一定数増えるのではないでしょうか。
情報収集は行うものの、こうなると強いのは初期から認知されている企業やインターンシップ等で接点を持てた企業ということになります。
動機も視野もふわふわと広がらないままに内定となる就活生が発生する可能性も高いでしょう。

一方、人事側の目線で考えるとどうでしょうか。

大手企業はその初期からの認知と、これまでのインターンシップ参加者中心に選考を準備することが予想されます。
中堅中小は個別にWEB対応を進めながらも、十分に学生が集められない、または求める学生像と離れた母集団となってしまう可能性があります。

上記の結果何が起こるかというと、これまで以上に企業側と新入社員側でのミスマッチが拡大していくことが懸念されます。

まとめると

・リアルイベントが開催できずWEB化の波が
・デジタル・ネイティブ世代は様々な手法で情報をキャッチする
・超売り手市場から変化。企業が質を求める採用が実現?
・企業、人事には様々なチャネル、ツールからの発信が求められる
・ミスマッチが広がる?!

今採用担当者ができること

企業にも大きな影響をもたらす今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を受けての事態は、就活生たちにとっても大きな影響をもたらしています。

先が見えず不安に思う気持ちはむしろ、就活生こそ強く感じているのではないでしょうか。

だからこそ、自社がいまどんな対策をしているのか。
どんな方向に進んでいくのか。
どんな人を待っているのか。

とにかく情報を発信していくことが重要になっていくのではないでしょうか。
素早く伝えるというスピードによるメリットがいまはよりおおきな力を持つことにもなります。

情報発信は各種SNSや企業ホームページなど様々な形を取れると思います。
就活生が集まる新たな採用チャネルの活用も有効かと思います。

その際はこちらの記事もぜひ参考にご利用くださいませ。

 

【採用担当者必見!】注目の採用広報の手法を徹底解説 求人サイトでは伝わらない自社の魅力を伝える方法

採用難のシステムエンジニアが3日で10応募獲得! 優秀な若手の採用に特化した新たな採用ツール「Wantedly」

 

※本掲載内容は2020年4月15日時点の情報です。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG