【解説】採用サイトの作成メリットやポイントとは

  • 2021年6月30日
  • 2021年6月30日
  • その他

企業の採用活動において、今や採用サイトは欠かせない存在になっています。採用成功のために、採用サイトの作成を検討されている企業様もいるのではないでしょうか。今回は、採用成功のための採用サイト作成に当たってのポイントについて解説していきたいと思います。

採用サイトを作成するメリットについて

初めに、採用サイトを作成するメリットについてお伝えしていきます。求人広告に詳細の原稿を出しているので、特に不要では?と考える企業も多いと思います。しかし、採用サイトを作成するメリットはいくつかあります。

(1) 自社の魅力を求職者に伝えやすく、応募を促進しやすい。
今や何でも検索する時代です。求人広告に掲載している原稿をみて、そのまま応募する方ももちろんいますが、求人を見て気になった会社であれば、その企業がどんな事業内容を展開している会社か、またどんな社員が働いているか、働いていた人の口コミはあるかなど、求人広告を見て、新たに検索をかけて、情報を集めようとします。その時に、実際に働く社員の雰囲気や、声を確認することで、会社の見方が変わることがあります。そこで、応募に迷っていた方が思い切って応募してみようとつながることがあります。

(2) 情報量に制限がなく、自社の魅力を伝えやすい
求人広告に載せているので、特に不要と考える方もいると思います。もちろん求人広告でうまくいく場合もあります。一方で、求人広告では原稿の文字数が制限されていたり、写真の枚数などが制限されるなど、載せられる情報量に限界があります。また、求人広告では、他の競合他社も同じように掲載しているため、差別化が難しいというデメリットもあります。

(3) 採用コストを下げることができる
採用サイトを充実させることができれば、そこから興味をもった求職者に自社へ直接エントリーされるケースも増えていきます。自社への直接エントリー数が増えれば、紹介会社や、求人広告に頼らずとも採用をすることができ、結果的に採用コストを下げることができます。また、最近ではindeedなどの求人検索サイトに、クローリングされ掲載されるなど、自社の採用サイトを見つけてもらえやすい仕組みも整っています。こうしたメリットなどからトータル的に採用コストを下げることが可能です。

採用サイトの掲載項目について

必要最低限の項目
・募集要項(職種・ターゲット・仕事内容)
・選考フロー・連絡先や応募方法
・企業情報(企業概要)

その他、求職者が求めている内容では、
・メッセージ
・ビジョン(経営方針)
・社員の声
・社員データ
・福利厚生
・キャリアパス
・職場や社員の写真

などがあげられます。
こうしたコンテンツは、できるだけ取り入れていくよう工夫をするとよいでしょう。

◆ビジョンやメッセージについて
これは会社が目指している方向を指し示すことで、どんな人材を求めているのかを伝えることができます。そのためにも、どういう人材が自社にフィットしているのかを、定義していくことは大切です。

◆社員の声について
社員の声について、具体的に知りたい内容としては、
・なんの仕事をしている人なのか
・働いてみてどう感じるのか(仕事の大変さ、やりがい)
・なぜこの会社を選んだのか
・今後、何を目指しているのか
といった内容については知りたい内容と言えます。
若手で、早くもリーダーになっている方などが登場すると、若手でもチャンスがある会社なんだと伝えることができたり、女性管理職が出てくると、男女問わず活躍できる職場なんだと伝えることができます。自社の活躍いただきたい人物像のモデルとなるような方がいるのであれば、その人物に社員紹介の顔として出ていただくのもありでしょう。

◆社員データ
社員の声だけでなく、働く社員の実態をデータとして出すのも一つ安心材料です。
データとしては、

・男女比率
・有給休暇習得率
・産休育休復帰率(男性育休習得率)
・女性管理職比率
・平均残業時間
・賞与支給額
・平均勤続年数

などは、安心材料になります。出せる範囲で公開するのは大事です。

サイトのデザインについて

載せるコンテンツについて、検討できたら最後は採用サイトのデザインにもこだわりたいところです。デザインについては、企業イメージや人物イメージに沿って、デザインをするとよいでしょう。
例えば、スタイリッシュな企業イメージがあるのであれば、デザインはシンプルにし、黒や青など、スタイリッシュなデザインに仕上げたり、情熱的な人が欲しいといったことであれば、赤色などを使うなど、イメージによって、カラーやフォントを変えていってもよいでしょう。サイト制作会社に依頼をするのであれば、守りたい企業イメージやほしい人物イメージにマッチする配色やデザインを伝え、案を起こしてもらうとよいと思います。
下記、採用サイトのデザインの事例集となりますので、もし気になる方はチェックしてみてください。
https://web-kanji.com/posts/recruit-site-good-design

まとめ

いかがでしたでしょうか。優秀な人材を確保する為に、どこの企業も戦略的に採用を行っています。これからは欲しい人材を、自社でターゲティング・自社の採用ブランディング力を高める時代です。ぜひこれらを参考にし、自社の採用戦略に生かしていただければと思います。

Return Top