Shopify(ショッピファイ)の特徴とは?どんな人が使うべき?

「Shopifyって最近よく聞くけど実際のところどんなもの?」
「Shopifyを使う理由ってどこにあるの?」
Shopifyは広告で見かけることも多くなり、名前を知っている人も増えてきました。

ものを販売するプラットフォームであることは知っているけど、細かいことは知らないという方も多いのではないでしょうか。

確かに名前を知っているだけで、実際に使ったことがなければ中身まで把握することは難しいです。

そこで、今回はShopifyの特徴やどんな人が使うべきサービスなのかを解説していきます。

この記事を読むことによってShopifyの基本的なことが分かるようになり、新しい販路を開くことができるかもしれません。

Shopify(ショッピファイ)の特徴は?

Shopifyは2004年、カナダ発祥のECサイトのプラットフォームです。

日本でも最近広告を見かける機会が増えてきましたね。販売者、購入者共に使いやすさに定評があり着々と世界に広まってきています。

そんなShopifyの特徴はどんなものがあるのでしょうか。

世界シェアNO.1のECプラットフォーム

Shopifyは全世界175ヵ国で利用されており、世界シェアはECのプラットフォームではNO.1です。

ショップ数は、少なくとも100万以上あると言われています。全世界で共通してデザイン性の高さと使いやすさで、圧倒的支持を得ているサービスだと言えるでしょう。

Shopifyのファイナンスを見てみると、成長の速さが分かりやすいです。2017年には50万店舗程度だったショップ数が2019年の末には100万店舗を記録しています。※参照

日本には2017年に法人を設立し、徐々にユーザーを広げていっているというのが現状です。

有料プランのみだがその分サービスの満足度が高い

ShopifyのほかにもECサイトのプラットフォームはいくつも存在します。BASEやSTORESなどのサービスを聞いたことのある方も多いはず。

こういったサービスの中には、無料でつかえるものもいくつかあります。これは、無料で使ってもらって気に入ったら有料版を使ってもらうため。

しかし、Shopifyには無料プランは用意されておらず、いつ始めても必ず有料プランからのスタートになります。ユーザーからするとハードルが高いように感じてしまいますが、その不安を上回るサービス内容で多くのユーザーを満足させているのです。

専門的な知識がなくてもカスタマイズすることができ、ほかのECサイトとの差別化が容易で、直感的に使えることがユーザーの満足度が高い理由であると言えますね。

ブランドをユーザーに認知してもらいやすい

Shopifyは、そのカスタマイズ性の高さから独自の色を出しやすいような設計になっています。

そのため、初めて見た人が覚えやすいショップを誰でも作ることができるのです。ほかのプラットフォームだと、競合と同じような見た目になってしまい、せっかく見てもらったのに忘れられてしまうということがよくあります。

Shopifyを使えば、特色を出すことができるため、パッと見ただけでも購入者に覚えてもらいやすくなるというわけですね。

また、日本だけでなく世界中で使われていることから、単純に認知してもらえる人数の母数が多いということも言えます。

Shopify(ショッピファイ)と他のプラットフォームの特徴を比べてみた結果

Shopify BASE STORES
導入費用 0円 0円 0円
月額 29ドル~(約3200円~) 0円~ 0円~
サービス手数料 0円 0円 0円
決済手数料 3.25~3.9% 3.6%+40円 3.6~5%
拡張性

今回はECサイトのプラットフォームの中でも特に人気のある、BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)をShopify(ショッピファイ)と比べてみました。

中でも大きな違いはやはり利用料金にあると言えます。BASEとSTORESが共に無料で使い始めることができるのに比較して、Shopifyは29ドル~の利用料金です。やや高い印象があるのは否めないですね。

それでも、サービス手数料や決済手数料は、ほかの2つと比べると低い水準になっており、一定の売上をあげることができれば総合的に安くなるということが分かります。

それぞれがどのような人におすすめなのかも解説していきましょう。

Shopify:事業を拡大したい人におすすめ

Shopifyは長期的に事業を拡大したい人におすすめです。全世界で使われているということもあり、各言語、通貨に対応しています。

そのため、海外販売に特に強く、将来的に海外へも販路を伸ばしたいという方は使わない手はないでしょう。

BASEやSTORESと比べても、スムーズに海外へのアプローチができ、慣れていない人でも簡単に進出をすることができます。

BASE:とりあえずECサイトを使いたい人におすすめ

BASEはとにかく簡単にECサイトを始めることができ、とりあえずECサイトを作ってみたいという方におすすめです。

わずか3項目を埋めるだけで開設することができるため、まったく知識がなくても立ち上げることができます。

また、利用料が無料ということもあり、リスクなくオープンすることができるというのも魅力のひとつ。商品が売れたときにだけ手数料がかかる仕組みのため、初期費用がかからないのは嬉しいですね。

無料といえど、ECサイトを始めるには十分な機能が備わっています。

STORES:ある程度の拡張性が欲しい人におすすめ

STORESはBASE同様に誰でも簡単にECサイトを作ることができるプラットフォームです。

テンプレートも多く、思いのままにカスタムできるのもポイント。必要に応じて課金することができ、アクセス解析やレビュー機能を搭載することができます。

売れる商品の季節に偏りがある場合なんかは、その都度有料のサービスに申し込むことができるため、余計な費用をかけることなく利益を確保することができるでしょう。

ある程度ECサイトに力を入れたい、多少の拡張性が欲しいという方におすすめです。

Shopify(ショッピファイ)を導入すべき人の特徴3つ

どのサービスを使うべきなのかは、好みによる部分も大きいですが、ここではShopifyを導入すべき人の特徴をご紹介していきます。

今回は以下の3つに絞ってみました。

  1. 初期費用を抑えつつSEO対策などもしたい
  2. 海外への展開も将来的にしたい
  3. カスタマイズをして自分だけのショップを作りたい

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

初期費用を抑えつつSEO対策などもしたい

Shopifyには有料プランしかありませんが、その分、さまざまな恩恵を受けることができます。

特にメリットがあるのが集客力の強さです。ECサイトを立ち上げても、お客さんが来なければものを売ることはできません。ここの集客、Webマーケティングの対策をShopifyでは行ってくれます。

SEO対策として、ページごとにメタタグなどが設定でき、検索でも上位に表示されやすい工夫があるというわけですね。

また、各種SNSとの連携も充実しており、オーガニック検索以外からの導線も引きやすくなっています。

海外への展開も将来的にしたい

先述したようにShopifyは世界中で使われています。そのため、越境ECにチャレンジしやすいのも特徴です。

各言語の対応がされているだけでなく、決済方法や税率も計算してくれるのはありがたいです。

日本では聞きなじみがないものの、世界的には多くの人に使われている決済方法もあり、ユーザーの取り逃がしも少ないと言えるでしょう。

もちろん、クレジットカード決済やコンビニ決済にも対応しているため、日本でも不自由なく使うことができます。

海外進出を長期的な目標としているのであれば、Shopifyがおすすめです。

カスタマイズをして自分だけのショップを作りたい

Shopifyには100種類以上の豊富なテンプレートが用意されており、手間をかけることなくECサイトを開くことができます。

しかし、中にはもっと独自の路線でカスタマイズをしたいという方もいるでしょう。Shopifyはそんなニーズも満たしており、2,000種類以上のアプリを使うことで、自由にカスタマイズができるようになっています。

機能を拡張するために作られたもののため、専門的な知識がなくてもインストールするだけで機能の拡張をすることが可能です。

どんなアプリを入れるべきなのか精査する必要はありますが、一度使いこなせてしまえば手間は大きく省くことができます。

Shopify(ショッピファイ)の特徴を最大限に活かすには?

Shopifyは使いやすいプラットフォームで、SEO対策などもされていますが、開けば勝手に売れていくというほど甘くはありません。

多くの競合がいて、それに勝っていかなければならないのは明白です。

自分のECサイトをより多くの人に知ってもらうためにも、Shopifyの特徴を最大限に活かす必要があります。

どのようにして活用していくべきなのか解説していきますね。

どういった見せ方がウケるのか研究する

ECサイトができたら、実際に購入者からどのように見えているのかを知る必要があります。

商品とショップのイメージに乖離がないか、分かりやすい表示になっているかなど研究を怠らないようにしましょう。

どのくらいの人がショップに訪れてくれて、どのくらいの人が購入してくれているのかを分析することによって、売上を最大化することができます。

開設してすぐに変更することは難しいため、長期的に運用していって、流行りなどに併せて改善をしていくと効果的にShopifyを使うことができます。

Shopifyの導入をプロに任せる

Shopifyを自分で運用することはできますが、購入者の動きを見て改善をしていくとなると、かなりの時間がかかることは言うまでもありません。

自分では使いやすい、魅力的に見えると思っていても、実際の購入者からしたら「うーん」と考えられてしまうことしばしば。

そういったことを防ぐためにも、導入からShopifyのプロにお願いすると効率が良くなります。

どんなアプリを実装すれば使いやすくなるのか、どんなデザインがターゲットには最適なのかを今までのデータから提案してもらうことで、最高のスタートを切ることができます。

多少の費用がかかってしまうものの、自分で数字を見て改善する時間を考えると、長期的にはプラスの要素になると言えるでしょう。

Shopify(ショッピファイ)の導入はジョブプロにお任せ!

Shopifyの導入で悩んでいるのであればジョブプロジェクトがおすすめです。

ヒアリングをしっかりとして、商品に合ったECサイトを構築してくれます。豊富な経験からどんなECサイトにしたらいいのかを提案し、一緒に考えることができるため、理想のECサイトを作成することが可能です。

さらに、どんな機能を実装したらいいのかも分析することで、立ち上げから購入者にとって満足度の高いショップにできます。

初めてのECサイトで分からないことだらけの人でも、プロに任せることで安心して運営することができますね。

相談は無料で受け付けているため、まずはご連絡ください。

今すぐ無料で相談する

まとめ:Shopifyを使って自分だけのECサイトをオープンしよう!

ShopifyはECサイトを作りたいと考えている人におすすめのサービスです。

日本ではまだまだ知名度が低いものの、世界の実績を見れば導入してみる価値はあるでしょう。

最後に今回の記事をまとめておきます。

  • Shopifyは世界シェアNO.1のECプラットフォーム
  • 有料ではあるもののサービスが充実しており満足度も高い
  • 特に海外を意識するのであればメリットが多い
  • 売上が高くなれば手数料が安いため総合的にコスパが高い
  • 導入の際はプロに任せると効率が良い

Shopifyを使おうか迷っている方も多いと思います。まずは色々なサービスを使ってみて、どこが自分に合っているのかを考えることも大切です。

有料ではありますが、ほかのプラットフォームでは得られないサービスも多く、満足できるでしょう。

Return Top