【解説】日本でも人気急上昇~自社ECサイトが作れる「shopify(ショッピファイ)」とは?作成方法(使い方)・メリット・料金など紹介

はじめに

最近日本でも注目を集めているshopify(ショッピファイ)の存在をご存じでしょうか?
楽天やアマゾンといったECサイトが日本では利用率が高いといわれていますが、水面下で人気を集めているのがshopify(ショッピファイ)というECサイトが作成できるプラットフォームです。今回は、そのshopify(ショッピファイ)について機能や運用などについて解説していきたいと思います。

shopify(ショッピファイ)とは

 Shopifyを運営するのは、カナダのオタワに拠点を置くShopify社( 英: Shopify Inc. )で、日本でも2017年ごろから導入され始めました。現在では、世界で約170万以上の店舗が利用をしており利用者数も年々増加しているサービスです。Shopifyとは、ECサイトを作る上で、必要なデザインテンプレートやPOSシステム、サーバー・管理画面といった様々な機能を提供しており、自社のECサイト制作や運用にかかる負担を減らすことができるプラットフォームです。様々な言語や通貨に対応しており、越境ECサイトを立ち上げたい事業主にもぴったりの機能です。デザインの変更も容易にできるため、デザイナー費用などの負担もかからず、ECサイト作成したい事業主の注目を集めているサービスです。

なぜShopify(ショッピファイ)が注目されているか

 Shopifyが簡単にECサイトを作成できるということを簡単に説明させていただきましたが、なぜ楽天やアマゾンではなく、自社でECサイトを持つ動きが加速しているか解説します。楽天やアマゾンなどのECサイトは知名度高く、利用者数も多い為、商品を買ってもらいやすいのは明確なメリットです。一方で、購入者側は楽天やアマゾンで目的のものを購入したことは認識しますが、どこの企業やなんのブランドから買ったかなどはあまり印象に残りません。企業や商品のブランド育成という観点からすると、楽天やアマゾンだけでは物足りず、自社ECサイトを持つ動きが加速しています。
 また現在注目が集まっているD2Cという点においても、自社ECサイトは便利です。D2Cとは、Direct to Cousumer の略で、製造者が消費者に対して直接販売するようなビジネスのことを指します。これにより、中間で引かれる手数料や流通コストが削減でき、利益率を高めることができます。また、顧客のデータを蓄積することができ、今後のマーケティング戦略に役立てられます。また、消費者のニーズにも直接触れることができ、今後の製品づくりやマーケティング戦略などにも役立てられることがメリットです。こうした動きから、楽天やアマゾンといった大型ECサイトだけに頼らず自社でECサイトを保有する企業が増えているのです。

shopify 作成方法について

①会員登録
まずは、https://www.shopify.jp/ へアクセス。その後必要な会員情報を入力して、アカウントの作成をお願いします。(メールアドレス、パスワード、ストアの名前とストアURLを入れます。その後、簡単なアンケートに答え、ご自身の情報を入力してください)
こちらのストアについては14日間の無料体験のプランもあります。14日間の無料体験の期間については、ストアでの作業開始した日からではなく、最初にサインアップしてから14日間ですので注意が必要です。実際の商品の販売については月額プランを選択する必要があります。

②管理画面からストアの編集をする
 テーマエディタから、イメージに合う画像や文字をどんどん追加していってください。おしゃれなデザイン集などもまとめているサイトや動画などが出回っていたりするので参考にしたい方は、ぜひ検索をかけて探してみてください。

③商品の追加
ある程度、ストアのデザインなどが決まりましたら次は商品の追加をしていきます。
商品管理から「商品を追加」をクリック・商品の名前や商品の説明を記載します。商品の説明については、検索し購入されやすいよう工夫することが大切です。商品の画像や動画などを登録して商品がイメージできるように登録します。その後、価格設定を設定します(課税はどうするか、割引前の商品を見せるなど様々な設定が可能です)。
※在庫の管理に役立つような機能やタグ設定など様々な機能があります。

④コレクションの作成
 複数の商品がある場合、見やすいようにコレクションの作成が設定できます。例えば、価格や商品カテゴリ・セールかどうかなどといった場合にコレクションの設定ができます。Googleの検索にどのように検索されるようにするかなどの設定もできる便利な機能もありますので、ぜひ利用してみてください。

⑤ページの作成
必要なメニューの操作などを設定できます。特定商品取引法に基づく表記なども作成できます。

⑥送料の設定
続いて送料の設定をします。管理画面>設定>配送のところから設定できます。初期設定では国内配送料一律1,000円の設定になっているため、ここから変更します。都道府県ごとに設定も可能です。また、重量に応じた送料の設定などの設定や、例えば購入金額10,000円以上であれば送料無料という設定も可能です。また、商品一律の設定やこの商品だけ違う送料といった設定もでき、便利な機能ですのでぜひここから設定をしてみてください。また、海外の送料設定もこのページから設定可能です。

⑦決済方法の設定
 最後に決済方法について設定します。Shopifyでは、初期設定にてshpifyペイメント(クレジットカード決済)とpaypalが紐づいています。その他、コンビニ決済や携帯料金と一緒に支払いが可能なキャリア決済、Amazon pay との連携、paidy,LINE pay など様々な決済方法の使用が可能です。管理画面から設定が可能ですので、設定をしましょう。

以上が、shopifyを使ったECサイトの構築の一連の流れになります。

料金について

Shopifyのプランや値段についての説明です。
Shopifyは、3つのプランがあり、初期費用についてはどのプランでもかかりません。
主にベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つのプランがあります。ベーシックプランでは(月/29ドル,約3200 円)、スタンダードでは、月/79 ドル,約8700円,プレミアムプランでは、79ドル(約32,900円)※いずれも2021年8月31日時点です。14日間無料体験もありますので、まずはどんなサイトができそうなのか試してみたい方は14日間無料体験も実施してみても良いかと思います。(ただし実際の販売については、月額料金の選択が必要です)

まとめ~ご相談なども承ります~

いかがでしたでしょうか?これまで述べてきたように、shopifyは、自社でECサイトを構築する際には非常に便利なプラットフォームですので、ぜひ積極的に利用していきたいツールです。最初の設定や、販売の運用についてより効率的に行いたい、もっと販売数を増やしたいなどお悩みを抱えていらっしゃる方に向けて、ジョブプロジェクトではshopifyの運用代行なども行っております。もし少しでも興味をお持ちの方は問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

Return Top