【Wantedly担当者必見】応募が集まる募集記事の法則まとめ

給与や条件を出さない求人募集という、全く新しい採用手法として注目を集めるWantedly。

通常、大手企業に条件面で遅れを取りやすい中小・中堅企業や、
条件以外に大きな魅力がある企業にとっては非常に追い風となるサービスです。

また、共感型採用と言われるほど、条件で選ばない求職者は会社のミッションや働く「人」を見て応募をしてくれます。
そのため、昨今問題となる企業と求職者のミスマッチと言った問題解消へも一役買えるのが、
Wantedlyの大きな魅力と言っていいでしょう。

今日は実際にWantedlyを利用した採用事例に基づいて、
どんな募集記事が好まれやすいか、まとめていこうと思います。

Wantedlyについての詳しい記事はこちらも

Wantedly徹底解説 概要、使い方はもちろん。メリット、デメリットから実際の使用感まで

 

そもそもWantedlyとは

すでにWantedlyをご利用の方や内容をご存じの方は読み飛ばしてください。

概要

WantedlyはIT企業を中心に3万社以上が利用する採用サービス。

就活生を含む若手を中心にユーザー数を伸ばし続け、
今では200万人ほどの優秀な人材がWantedlyを利用しています。

利用者は若手の20代、30代が約80パーセントをしめ、
現在は新卒と中途の応募者数はほぼ半々となっているほど、
就活生の動きも活発です。

 

特徴

「ミッションや価値観への共感で求人者と求職者をマッチングする 新しい形の採用マーケティングツールです」

このようにウォンテッドリー社が伝える通り、採用ツールとして見ると非常に特殊な側面も持つのがWantedly。

• 若手人材にアプローチができる
• ダイレクトスカウトから採用広報まで。様々な手法で採用活動ができる
• 成果報酬ナシ。月額数万円で新卒から中途採用までできる

など、様々な特徴があります。
その中でも最大の特徴は、Wantedly内の募集では給与・待遇の記載がNGという点。

募集の構成は
– タイトル、カバー写真、会社のメンバー
– なにをやっているのか
– なぜやるのか
– どうやっているのか
– こんなことやります
と、シンプルにまとまる構成をとっています。

その結果、ユーザーは給与などの条件面ではなく、
ミッションや仕事内容で企業を選ぶので、
優秀人材採用に平等なチャンスがあります。

Wantedly人気募集記事 傾向別分析

採用基準に言及する

・完全人柄採用!
・社風を気に入ってくれた方は合格
・ポテンシャル採用

求職者にとって気になるのは採用のハードル。

特に条件面の提示がないWantedlyにおいて、
自分がどのような評価を受けるのかは大きな懸念点です。

そこで、ハードルを引き下げたり、
実際に自社が大切にする基準を明確に伝えてあげることで、
求職者の心理的ハードルを下げ、応募につなげる効果が期待できます。

社会的意義

・社会課題をビジネスで解決
・持続可能エネルギー
・社会に貢献するお仕事
・人材難を支える

「人のためになる仕事をしたい」「社会に貢献したい」といった声は、
ここ数年の新卒採用現場においてよく挙げられる志望動機です。

その背景を踏まえてみてみると、
意外と訴求ポイントとなるキーワードが自社にもあるのではないでしょうか。

趣味・好きを仕事に

・趣味はSNS 歓迎!
・好きを仕事にしたい方
・趣味を生かして働きたい方 募集

これらのキーワードが使える求人は限られているとは思いますが、
WEBマーケターなどではSNSやネットサーフィンを趣味とする方々の有る種趣味であり特技を活かせる仕事です。

実際に趣味や好きなことをマネタイズ化できるなら、
あるいはそれを職にできるのであれば頑張りたいと思う求職者は多くいる傾向があります。

応募者の中には期待以上の能力を持っている人がいたという例もあります!

成長性

・成長を求める学生
・どこよりも成長できる
・〇〇のプロを目指しませんか

現在の求職者の大きな期待は、
今の待遇が改善されることと、自身の成長につながるかどうかという部分になります。

プロを目指す等といった具体的な指針をはじめ、
様々な訴求方法で成長意欲を満たす姿勢を示すことが、
求職者をより応募に前向きにさせます。

特に条件面での訴求がないWantedlyにおいて、
自分がどう働くか、どのくらい成長できるかという視点は、
求職者にとって非常に大きなものになります。

働き方

・多様な働き方OK
・働き方相談可能
・在宅ワーク、リモートワーク、テレワーク

昨今の社会情勢も加味して、
働き方改革、またリモートワーク等の在宅勤務系キーワードは、
必須と言えるほど重要になっている項目です。

多くの企業がリモート化に対応する中、
採用手法を含めどの程度社会に寄り添っているのかは、
求職者が注目する大きなポイントです。

応募者がたくさんくるいい募集記事をつくるためには

成功パターンをいくつかご紹介しましたが、
実際に募集記事を考える中で毎回上記を意識してイチから作ることは非常に難しいのではないでしょうか。

募集記事はその性質上、
変化する部分と変化しない部分に大きく分けられます。

自社がなにをしているのかといった情報は変わらないはずですので、
その部分はそのままにできるでしょう。

また昨今では会社としての社会情勢に対する対応等を追記する必要がある場合もありますが、
基本的に大きく変わるポイントはタイトルです。

また、Wantedlyは募集記事が新着順に流れていくというSNS形式の表示方法をとるため、
投稿後数日から一週間ほどでPVが激減していくのが普通です。

そのため、募集記事は週に一回程度、
タイトルなどの訴求ポイントを少しだけ変えて、
新たに募集記事を出し続けると言った運用が必要になります。

この工数が意外と大きく、
また求人票作成やSEO対策といった専門的な知見も必要になります。

もし定期的な更新作業や、もっと効果的な記事を作成したいと感じたら、
是非一度お問い合わせください。

貴社のご状況に寄り添いご相談に乗らせていただきます。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG