【採用担当者向け】需要が高まるオンライン面接へどのように対応するべきか メリットや具体的な進め方、実施のポイントまで 

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が広がる中、
リモートワーク、在宅勤務といった動きも定着化しつつある企業も多いのではないでしょうか。

そんな中、採用担当者にとって大きな変化を迫られている一つの要素として、
採用面接のWEB対応、オンライン化の動きが挙げられます。

「オンライン面接」とは、応募者と直接接触することなく、
インターネットを介したやり取りのみで面接を行うことを指します。

ここではオンライン面接のメリット、具体的な実践方法、実施のポイントをそれぞれまとめてまいります。

メリット

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止の観点で導入検討が進むオンライン面接ですが、
以前までも大きなメリットを持っていました。

これらの情報を整理していきます。

機会損失を防ぐ

現状での最大のメリットは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止の観点が挙げられます。

会社としての信頼、信用面からも、
いまはリアルの面接はなかなか難しいのが実態です。

特に一次面接段階で対面を求める場合、
求職者側が対応を疑問視し、辞退するケースも見受けられます。

社会情勢への配慮や、
実際に働き始めたときにどれだけ変化に対応できるのかという部分を、
求職者側が判断するポイントとなっているともいえるでしょう。

求職者の思いに寄り添うことで、
こうした機会損失を防ぐことが、
オンライン面接の大きなメリットとなります。

遠隔地の優れた人材と出会える

こちらは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が問題視される以前から挙げられていたメリットです。

新卒採用、中途採用(キャリア採用)問わず、
通常の面接ではどうしても、求職者は遠方から来ることが難しいのは間違いありません。

特に地方学生が首都圏などへ面接を受けに行く場合、
交通費、宿泊費の高額な費用に加え、往復にかかる長時間の拘束が発生するため、
応募ハードルが非常に高くなってしまうという事例も多く見受けられました。

Uターン、Iターン就職・転職希望者を獲得するための手段としても、
オンライン面接は重要な手段になります。

また、採用業務の効率化は、
求職者だけでなく、人事にとっても、最終的には大きなメリットとなるのではないでしょうか。

オンライン面接の進め方

WEB上でカメラ、マイクが利用できるパソコンやスマートフォンがあれば、
無料ツールを利用することで実施可能です。

安定的な接続には有料ツールの利用を検討する必要もありますが、
まずは無料で利用できるツールを試してからで問題ありません。

代表的なツールはzoomやSkypeなど。
また、インストールが必要ないWherebyなども挙げられます。

求職者には予め日程、時間とともに当日のURL等を送っておくとスムーズです。

オンライン面接のポイント

職種ごとの考え方

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が出る以前であれば、
顧客との対応が少ない職種や大量採用が必要な人材不足職種に限るなど、
オンライン面接に向き不向きを考えた対応を行ってきた企業も多くあります。

しかし、現在はもっとも顧客接点やコミュニケーション量が多くなる営業職であっても、
オンラインでの商談が見込まれる状況です。
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が収まってからも、
多くの企業でオンラインでの商談が受け入れられやすくなることが予想されるため、
むしろ営業職のようなコミュニケーションを問われる職種にこそ、
オンライン面接が必要になったと言えるかもしれません。

フローをしっかりと整える

オンライン面接はネットワークのトラブルにより中断するケースも多く見られます。
通信回線の問題、機器の問題など原因は様々。

そのため、不具合が発生した際のフォローまでしっかりと準備を行うことが重要です。

不具合が起きた際の対応方法は事前に求職者と共有し、
またメール等の他の連絡ツールで素早く連携が取れるよう、
テンプレートを用意しておくなどといった対応も必要になります。

ツールに慣れる

面接官が不慣れだと、求職者は不安になることも多いです。
心配は方は社内でテストを行うなど、準備を整えることをおすすめします。

よく見受けられるトラブルだと、
音声が途切れる・聞き取りづらいといったものや、タイピング音が目立ってしまうといったものなど。

マイク付きイヤホンを利用することで軽減されますが、
どうしても音声の調子が悪い場合は画面だけを残して音声は電話でつなげるというのも一つの解決策。

面接官が落ち着いて対応すれば、
逆にトラブルの際は求職者の対応方法も見るべきポイントになるかもしれません。

大きな目的はお互いのコミュニケーションを深め、
双方満足の行く形で入社へと至ること。

トラブルが起きても面接官が落ち着いてどっしりと構えることで、
求職者の緊張も和らげることができるでしょう。

コミュニケーションのポイント

対面での面接に比べて緊張がほぐれるまでに時間がかかります。

候補者の気持ちを推し量り、アイスブレイクに時間をかけることも時には必要になるでしょう。

また、メモをとるためのタイピング音が発生することや、
面接の進め方、トラブルの際の対応などについて、
事前に求職者とコミュニケーションを取っておくことで、
求職者が落ち着いて面接に臨める環境を整えることも重要です。

オンライン面接でありがちな話として、「目が合わない」というものがあります。

カメラと画面の位置が異なるので当然といえば当然なのですが、
できるだけカメラに目を向けることを意識すると求職者は安心します。
自分の写りを事前に録画して確認しておくこともおすすめです。

また、反応が伝わりにくいため相槌はいつもよりオーバーなくらいがいいでしょう。

音声が聞き取りづらくないか、説明にわからない点がないかといった点をこまめに確認してあげることも、
オンライン面接においては重要なコミュニケーションになるでしょう。

>誰もが

誰もが"楽しめるシゴト"を一緒に作りませんか?

『ジョブプロジェクト』は、"シゴト"に関するプロジェクト(取組/案件/事業)を立ち上げる企業です。
現在は、大きく分けて、採用支援プロジェクトと人材開発プロジェクトの2つがあります。
採用支援PJには『ジョブプロCMS』。求人検索エンジン(indeed・Google for Jobs等)に対応した求人サイトの構築および運用 + 広告運用をワンストップでご提供しています。さらにWantedlyを活用することで採用を力強く支援しています。
人材開発PJには『日テレHR』。「すべての職場を楽しい職場にしたい」をビジョンに、日本テレビ様と共にHR新サービスを始動しています。
既存PJにジョインしていただいても、新規PJを立ち上げていただいても、楽しめるシゴトになるならば、全力で支援&推進させていただきます。
ご興味がある方がいらっしゃれば、まずは一度お話させてください!

CTR IMG