アイドルマネジメントのノウハウと実践が詰まった「育成プログラム」
導入研修+グループコーチングでサポート。1度きりの研修で終わらせない。

無料体験会受付中!

無料体験会の詳細はこちらから

資料のダウンロードはこちらから


お問い合わせ・無料体験会のお申込はこちらから

アイドルグループの運営ノウハウや売れるチーム作りの秘訣が凝縮された法人向け育成プログラム

アイドルのマネジメントノウハウを活用して、働くことを楽しみ、チームで成果を出すための育成方法をプログラム化しました。

10年以上にわたって培ってきた、アイドルグループのマネジメントノウハウで貴社の人材育成の課題を解決します。

高度経済成長時代の人材育成に限界が来ており、新たなマネジメント手法の導入検討をされる企業様が増えてきております。

急激な変化が目の前で起きて、未だかつて経験をしたことがないような状況にある状況下で、我々の目指す人材育成は

・働くことを全力で楽しむ

・常に学び続ける組織を作る

・自分で考え、判断して行動できる自律型人材を育成する

ことです。

チームで成果を出すためには何をしたらいいのか。10年以上にわたってこの問いに向き合い続けてきました。アイドルグループのプロデュースやマネジメントを通じて、成果が出るチームの特徴や傾向が見えてきました。

若手メンバーが多く、社会での実務経験が少ないアイドルグループのメンバーをどのように育成して、プロとしてステージに送り込んでいくのか。チームで成果を出すためのチーム作り・ファン作り・育成術・学んだことを継続していく仕組み作りをもっと多くの方々に知ってもらいたいと考えています。

アイドルグループで実際にあった問題は企業の人材育成の場面でも起こりうる!?

チームで成果を出すためには何をしたらいいのか。10年以上にわたってこの問いに向き合い続けてきました。

アイドルグループのプロデュースやマネジメントを通じて、売れるグループと売れないグループの決定的な違いや特徴・傾向が見えてきました。

・トップダウン型の組織からフラットな組織体制へ。
・他人を攻撃したり、攻めてしまう反省会を一新。心理的安全性の確保を意識したMTG方法を導入。
・メンバー増加に伴い肥大化する1on1ミーティングの時間。グループコーチングの手法を導入して効率化。
・メンバーの問題を早期発見できる対話と観察を実践。
・恐怖や恐れで人を動かす体育会系の組織から自分のやりたいことや強みを活かす組織への変化。

これらは、実際のアイドルグループの現場で起きた課題と取り組みです。

業界や業種は違えど、思い当たる節や経験がみなさんにもあるのではないでしょうか。

人を育成してチームで成果が出すためのアプローチ方法に共通点があり、マネジメントのあり方や求められる役割・スキル、メンバーが自ら動き出す仕組み作りを通じて、貴社の事業に貢献いたします。

ぜひ、一度皆様のお悩みを聞かせてください。

よくあるご相談

・経営層と管理職、管理職とメンバーのギャップが生まれてきている。(世代間ギャップ)

・今までの研修、人材育成が時代の変化に合わなくなってきている。(離職・休職が多い、講師が合わない)

・社内メンバーの意思統一が取れなくなってきている。(コミュニケーション・自律型人材の育成)

導入実績

弊社ではアイドルプロデュースだけではなく、人材育成や研修に関するプログラム提供も行っております。

【日本テレビ放送網株式会社の新規事業「日テレHR」の立ち上げ】
日本テレビの新規事業である人材育成研修の「日テレHR」の立ち上げと運営事務局を担当。新規事業の立ち上げ、マーケティング、営業、セミナー・イベント開催、講師など一括して請負。
2020年度日本の人事部 HRアワード 人材開発・育成部門にて優秀賞獲得

【自社グループのテレワークに導入】
コロナ禍という環境変化に伴い、いち早くグループミーティングというマネジメント手法を導入。自社の求人事業やプロジェクト請負事業チームでも導入。グループ会社のスクール事業、スポーツ事業などでも導入実績があります。

【アイドルグループのマネジメントにて実践】
「売れる」グループを作るための仕組みをプログラム化。ミーティングの仕方、ルールやマニュアル作り、人材育成方針の確立、SNSやイベントによるファン獲得のための施策など一括して実施。デビューから現在までのマネジメントを実施。2020年にはデビューから約3年でオリコンランクインやZeppでのワンマンライブ開催などの実績あり。

育成プログラムではこんなお悩みもサポートします。

・研修の実施が初めてのため、受講対象者・予算・スケジュール決めなどから相談したい。
・コロナ禍で実施目処が立たない集合研修に変わる、リモート型のZOOMを活用した研修。などなど

無料体験会・無料相談会開催中!

【3月末まで5社様限定募集!無料相談会・無料体験会開催!】
ざっくばらんにお話ができる無料相談会や実際のプログラムを体験できる無料体験会をご準備しております。

日程:ご希望の日時にて調整
場所:ZOOM
時間:無料相談会・60分 無料体験会・90分程度
申込期限:3月末まで
申込方法:business@job-project.com までご希望の旨、ご連絡くださいませ。

■オススメの無料体験会の開催方法
・新たな研修導入の情報収集をしたい人事メンバーで参加
・部署や店舗メンバーでの参加
・実際に新入社員に体験してもらう

育成プログラム導入時研修例【新入社員・若手向け】

育成プログラム【新入社員・若手向け】
育成プログラム【管理職・マネージャー向け】
「ノバシバ」1on1に変わるトレンド!グループミーティングのの導入支援

対象者:新入社員・若手向け

1度きりの研修で人材育成をした気になる時代は終わり。継続して学びと振り返りを続ける組織を作ることが売れるチーム作りには必要。

研修で取り入れたスキルや考え方を実際の業務で実践して、振り返りをすることで研修の定着効果を高めます。

新入社員・若手向け 導入時研修の流れ(参考例)

STEP1:チームで成果を出すための考え方を知る

・チームで成果を出すためには、心理的安全性の確保が大前提
・自分の弱さをさらけ出すことができ、一緒に働くメンバーの価値観や大切にしているものを理解する
・落ち込んだ時のモチベーションのコントロールの仕方を知る

STEP2:会社と自分のゴールを理解する

・会社のビジョン、ミッションを理解する
・自分のゴールや目標、人生をかけて成し遂げたい夢を書き出す
・会社と自分のマッチングポイントを表現してみる

STEP3:自律型人材になるために必要なことを知る

・自分で考え行動するための判断基準の作り方、選択肢の作り方、優先順位の付け方
・研修で学んだことを実際の業務に活かすためのアクションプランの作成
・振り返りの習慣を身につける。グループコーチングとは。

導入時研修プログラム・ワーク例

【チームで成果を出す】過去にチームで成果が出た時の特徴は何があったかを振り返る
【心理的安全性】Googleが提唱する心理的安全性を知る
【モチベーショングラフ】自分が嬉しかった時、落ち込んだ時の感情やモチベーションの変化を書き出してみる
【アクションプラン】自分の将来の夢から逆算思考を通じて、今何をすべきかを明確にしていく
【感情のコントロールの仕方】事実と感情を分けて考えるポジティブ思考ワーク
【その他】ご要望に応じて様々なワークを取り入れることが可能です

資料のダウンロードはこちらから


お問い合わせ・無料体験会のお申込はこちらから

育成プログラム導入時研修例【管理職・マネージャー向け】

対象者:管理職・マネージャーの基礎を学びたい方

管理職・マネージャー向け 導入時研修の流れ(参考例)

STEP1:マネジメントに求められる役割とスキル

・目標設定とマネージャーの役割
・部下知り度チェック
・人を動かす
・部下の期待に応える力とは。(FA・IF理論)
・メンバーが自分に期待していることを理解する

STEP2:部下育成とコミュニケーション

・成果を出すチームには心理的安全性があった(日本テレビの事例)
・メンバーとの対話と観察
・今、求めらているマネジメントとは
・ティーチングとコーチングの違い
・メンバーの現状と課題を見つける
・メンバーの強みを引き出すグループミーティングの進め方

STEP3:マネジメント実践 ロジカルシンキング・問題発見解決力

・ロジカルシンキングのフレームワークを知る
・実際の業務に基づいたお題や課題で企画や解決策を考える
・現場で実践する、振り返りをする。

資料のダウンロードはこちらから


お問い合わせ・無料体験会のお申込はこちらから

大手企業も注目!1on1に変わるグループミーティング「ノバシバ」とは?

1度きりの研修で終わらせない。業務での振り返りや実践、問題の早期発見や従業員エンゲージメントを高めるミーティング手法「ノバシバ」

アイドル現場でも日々重要性が増している自律型人材の育成

周りの大人の意見に従うだけ、言われたことをやるだけの人材ではいずれ大きな壁にぶち当たります。
・なぜ、そうしたのか、自分はどうしたいのかを言語化して周りに説明ができる
・自分を客観的にみつめて、ファンや関係者からのニーズを把握できる
・自分のやりたいこと、できること、求められていることを理解しようとする

これらの考え方や判断の仕方を日々伝え続けることで、年齢に関係なくプロとしての姿勢を身につけ、自らチャレンジする人材を育てることを目指しています。

ノバシバの流れ

実施方法:ゴールの共有と日々の振り返りを毎週定例で実施。専用ワークシートあり。

・自分の目標やチームの目標を共有する。
・目標からの逆算思考で今何に取り組んでいるか発表する。
・ボトルネックを見つけ、解決策を考える。
・参加メンバーの経験などから感想やアドバイスをもらう
・成功事例をチームに共有することで成果をだすスピードが早まる
・全員でアイデアを出して考える

ノバシバ導入の効果

・日々の振り返りと学びの習慣が組織内に出来る。
・チームで人を育てるという意識が生まれる。
・他者の経験からも学べるので、成長スピードが早い。
・1on1ミーティングに比べて圧倒的に効率よく、メンバー状況や今起こっている問題を把握できる。
・褒める文化が組織に定着して、仕事の生産性が高まる。

資料のダウンロードはこちらから


お問い合わせ・無料体験会のお申込はこちらから

育成プログラム導入の流れ

1.【打合せ】課題や人材育成の目的について打ち合わせ
管理職としての基礎知識を学びたい、部下と上司のギャップを解消したい、離職や休職を防止したいなど
2.【プログラム提案】
受講対象者、予算、スケジュールなど実際のプログラム実施内容を企画
3.【導入時研修】
人材育成の目的に基づいた知識やスキル、理論をZoomによるオンライン研修にて実施
4.【ノバシバ】
研修時に学んだ知識やスキルを実際の業務の中で実践。振り返りや改善点の把握、解決策の提示を弊社ファシリテーターと定例で実施

お問い合わせ

ジョブプロジェクトのサービス内容をご覧いただきありがとうございます。
お問い合わせ・無料体験会のお申し込みは以下のフォームからお願いいたします。
*弊社のプライバシーポリシーに同意いただいた上で送信ください。


Return Top